63 Views

世界の人々が、幸せになる口グセ

スポンサーリンク

日本人は、インドの人をカレー臭いといいました。

インド人は、韓国の人をキムチ臭いといいました。

韓国人は、ドイツの人をザワークラフト臭いといいました。

ドイツ人は、ロシアの人をビーツのボルシチ臭いといいました。

ロシア人は、日本の人を味噌汁臭いといいました。

まわりまわって…

日本人は、イギリス人をケチ臭いといいました。

イギリス人は、フランス人を… キリがありません…。

悪口は、負の連鎖を生み、みんなを傷つけ、

最終的に、また、自分にふりかかります…。

これを相手の良いところだけを見ると…。

日本人は、インドの人を数学の天才だといいました。

インド人は、韓国の人を、自尊心の天才だといいました。

韓国人は、ドイツの人を、職人ワザの天才だといいました。

ドイツ人は、ロシアの人を、文学の天才だといいました。

ロシア人は、日本の人を、工夫する天才だといいました。

日本人は、アメリカの人を、遊びの天才だといいました。

アメリカ人は、フランスの人を恋愛の天才だといいました。

永遠にポジティブフィードバックが続きます…。

ネガティブな言葉をできるだけ排除し、ポジティブな言葉を選ぶことが大事なようです。

では、いま世界の人々は、北朝鮮にどんな言葉をかければ一番よいのでしょうか?

嫌うだけでなく、一度でも、ベタ褒めできるところを考えてみましょう。

憎しみからは、憎しみしか生まれません。

憎しみのパワー、負のパワーは、ポジティブなパワーよりも、数倍強力なのです。

だからこそ、人類は、しっかりとポジティブなワードを選んで口にしなければならないのです。

スポンサーリンク

Translate »