715 Views

年間12万円で30日間高級コンドミニアムに居住する『KNNオーナーズクラブ』のお知らせ!

スポンサーリンク

【お知らせ】
こちらのプランは2018年度以降に延期とさせていただきました
それまではこちらのプランをご利用くださいませ

see this page

90日滞在可能な高級コンドミニアムシェア月額4.5万円(414ドル)から クアラルンプール 2017年8月より

年間12万円(1104ドル)で30日間、高級コンドミニアムに居住する『KNNオーナーズクラブ』

ごあいさつ

マレーシア政府の「2020年の先進国入り宣言」にむけてマレーシアは、今とても躍進しています。人口3100万人の国。日本の面積の9割弱の広さの土地に、日本の16%の人口が住んでいる計算になります。そして、クアラルンプールの人口は160万人でマレーシア全体のたったの5.1%

65歳以上は6%(日本は27%)30歳未満は1700万人と5割超(日本は3割)。日本とは、まったく異なる人口構成。人種は、マレー系6割、中華系2割、インド系1割という多国籍、多宗教、多文化、多言語が混ざりあいながらもひとつの国を構成しています。基本的に公用語はマレー語ですが、シンプルな英語ですべてが通じる国です。ほとんどの人が英語を理解してます。食文化も多彩、また、高級店でも日本のそれらと比較すると安く感じることでしょう。お酒だけは日本と同等です。ときおりイスラム社会ならではの慣習はありますが、豚肉などもノンハラルの店、例えば中華系であれば問題なく食することができます。

平均収入は5000リンギット(約¥12万5000)@¥25換算
日本人居住者は約2万人と、ごく少数。しかしリタイア後にロングステイしたい国としてはナンバー1を維持しています。モントキアラ地区、バンサー地区、スバンジャヤ地区などは駐在員家庭も多く存在します。
平均気温は1年を通じて、27度〜33度と常夏。毎日夕方に雨がスコールで1時間ほど降り、その後涼しくすごしやすくなるという繰り返し。日本の極寒の冬や花粉の時期、梅雨のようなシーズンはなくすべてが「夏」なのです。

クアラルンプールの高級コンドミニアム会員 KNNオーナーズクラブ

クアラルンプール空港から市街地へくる間に、高層コンドミニアムの多さに目を奪われます。クアラルンプールの至るところで30階以上の居住用のコンドミニアムが建設され続けています。そのほとんどが中華系の投資物件。3ベッドルームで、100平米メートル以上で、ファシリティには豪華なプールやジム、サウナ、中にはテニスコートのあるところがあります。物価は日本の1/3、居住スペースに関しては日本との価格差で10倍の広さといったところでしょう。しかし、そんなコンドミニアムでも自分で所有しようとすると持て余してしまいます。投資物件としても借り手を探さなければなりません。維持管理にもコストがかかります。

『KNNオーナーズクラブ』

『KNNオーナーズクラブ』は、そんな高級コンドミニアムを、オーナーが、1年間で合計30日間だけマスターベッドルームを所有し、セカンドルーム、サードルームをKNNで運用・管理させていただくというプログラムです。
また、現地のコンドミニアムの中でも日本人の趣味にあうコンドミニアムを厳選し、日本人向けに調整し、レンタル契約いたします。
またGrabタクシーやUBERにより一般交通機関がないところでも日本の一般交通機関程度で移動できるので特にクルマは必要としません(スマートフォンGPSアプリとクレジットカードは必要)。

ホテルでもない。シェアハウスでもない。自分の所有するマスターベッドルーム(専用バス・専用トイレ)がついた、コンドミニアムを年間30日間だけ所有するというプログラムです。面倒な維持管理は必要のないホテル形式でありながらもアットホームで原則日本人限定のプログラムです。※運用面で外国人が利用する場合もあります。
その30日間は30点のポイント制で1年以内であれば知人に限り、譲渡も可能です。最低使用ポイントは3ポイント(2泊3日)以上からです。

 KNNオーナーズクラブのコンセプト

オーナーの皆様が、日本に居住しながら、アジアの拠点クアラルンプールというデュアルライフを、通年所有することによって、英語力はもちろんのこと、視点がアジア全体へと広がることを期待しております。
老後のセカンドライフとしての選択のマレーシアではなく、現在の仕事をしながら、最大180日間滞在可能な、日本の赤いパスポートの信頼性を活かし、沸騰するアジア全体のビジネス市場を、一年に合計一ヶ月滞在する体験を通じて、考察いただければと考えています。その中で、次に日本は何をすればよいのかを掴んでいただければ幸いです。
そして、居住に関する空間、所有に関する考え方を変えれば自分の住んでいないところはすべて貸し出し収益を生むという経験も提供させていただきたいと考えています。

オーナー様は、年間12万円(1104ドル)で合計30日間利用

12人のオーナー様で1ユニットのコンドミニアムを一年単位で所有していくことを原則としています。料金は、入会金¥3万 年会費¥12万  セカンド、サードルームの運用収益をオーナーと折半します。
※2017年7月〜8月内は、入会金¥3万は無料  オーナーの体験ステイは1週間(6泊7日)まで無料ポイントです。2017年9月1日以降は宿泊ポイントが発生します
※1オーナー1ヶ月というくくりで12人募集です。
※ブロンズオーナー(3ヶ月)、ゴールドオーナー(6ヶ月)、プラチナオーナー(12ヶ月)の場合はコンドミニアム物件そのもののご希望の相談にも応じます。

マスターベッドルーム利用

❏最低宿泊数 2名まで 3ポイント(2泊3日から)
❏ダブルベッド標準。2名様まで
❏追加簡易ベッド利用(無料)で、小さなお子様2名までの合計ご家族4名までの利用が可能
❏マスターベッドルームは専用バス・トイレ
❏オーナー様は原則マスターベッドルーム利用

セカンド&サード利用

❏セカンドルーム 1名まで 最低宿泊数 2ポイント(2泊3日)共用バス・トイレ
❏サードルーム  1名まで 最低宿泊数 2ポイント(2泊3日)共用バス・トイレ

ポイントご利用イメージ

1週間の休暇が取れ、夫婦2人と 知人2人と一緒に旅行したい。
❏マスターベッドルーム   2名  6泊7日  7ポイントご利用
❏セカンドルーム1名 6泊7日 6ポイント利用
❏サードルーム1名  6泊7日  6ポイント利用
合計 19 ポイントご利用   30ポイント(29泊)の場合 残11ポイント(10泊)

ポイント + 通常利用イメージ

1週間の休暇が取れ、夫婦2人と 知人2人と一緒に旅行したい。
❏マスターベッドルーム   2名  6泊7日  7ポイントご利用
❏セカンドルーム1名 6泊7日 @¥5000 ¥3万円(276ドル)
❏サードルーム1名  6泊7日  @¥5000 ¥3万円(276ドル)
合計 7ポイントご利用  30ポイント(29泊)の場合は 残23ポイント(22泊)
現金 ¥3万+¥3万=¥6万利用
(オーナー様お友達のご利用一ヶ月後に3万円(276ドル)をキャッシュバック)

オーナー利用以外の収益イメージ

❏マスターベッドルーム @¥1万  ×  5日= ¥5万
❏セカンドルーム1名  @¥5000 ×20日=¥10万
❏サードルーム1名  @¥5000 ×20日=¥10万
合計25万円(2300ドル)
※70%稼働の収益シュミレーション
※収益シュミレーションモデルであり、収益を保証するものではありません
運用管理50%後の12.5万円(1150ドル) ÷12オーナー=1月あたり1万円(92ドル)
年間70%稼働であれば、1オーナーあたり12万円(1104ドル)のキャッシュバックとなります。

クアラルンプール モントキアラ地区のホテル相場 2017年8月1日から6泊7日
https://booki.ng/2tzQdqP
クアラルンプール モントキアラ地区のAirBnB相場 2017年8月1日から6泊7日
http://bit.ly/2tAuor1

類似サービスとの差

『タイムシェア』とビジネスモデルは似ていますがタイムシェアには、収益モデルがありません。友達に貸与できません。場所が何十年も固定されています。また会員権のコストもお安くありません。
タイムシェアは長期ですが、『KNNオーナーズクラブ』は一年更新で拠点を調整し、日本人向けのアジアの高級コンドミニアムを増やしていくというビジネスモデルです。

『KNNオーナーズクラブ』は、一つの家賃で世界中に居住するとするコンセプトなので、オーナーのメンバーシップのコストは出費だけではなくリターンもあり得る出費としたいのです。
なので、数日間だけ泊まる人から一ヶ月以上の滞在の人までさまざまに対応できます。
ネット完備で、日本のテレビも視聴可能、朝食付きなど、プールやテニスコートなどのファシリティまで込でのサービスを利用できます。

お問い合わせ先

ここまでお読みいただきありがとうございます!

只今、モントキアラ地区で、鋭意物件選択中です。使用している写真はすべて私が物件を下見してきた物件およびファシリティの実際の写真です。

残念ながらすべてが満足という物件とは出会えていませんが、皆さんも納得できる物件を提供したい所存です。

日本人が納得できる高級コンドミニアムをお手軽なお値段で誰もが利用できる日本人向けのサービスを目指しております。

関心のある方は、ぜひメールでもお電話でお知らせのほどお願いいたします。

050-7131-6107  IP電話
070-5589-3604  携帯電話
kanda@4knn.tv

Paul Toshiaki Kanda
KNN ASIA
53, Jalan Sultan
50000, Kuala Lumpur,Malaysia

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク