14 Views

チャイナタウンのシーフードフライドライスに想いを馳せる… クアラルンプール

スポンサーリンク


Nikon Df  28mm f2.8 D AF NIKKOR

シーフードフライドライス

12リンギット 312円(3ドル)

フライドライス、チャーハン、焼き飯、言い方はいろいろ。
万国共通、ご飯に具をいれ、高温の油とタマゴですばやくからめ、塩、コショウにさまざまな調味料を加え、一気にミックス。
なんといっても米が元気の源! 炭水化物だろうが、なんだろうが、おそらく一日の摂取カロリーが少ないのか、下痢が祟るのかどんどん痩せていく。

チャイナタウンのパチもん街の路地のフードコート。
最初は、なんてカオスな…と思っていたが住めば都。

もう、なにを食べても美味しい!安い!早い!

おそらく何年かけてもすべて食べ尽くせないほどの、中華、マレー、インド、タイ、もう東南アジアのチャンプルー大集合!

いつも、無難な選択をしてしまう。

本当に、こっちの辛いのにあたると死ぬほど辛い!

基本的に外れがないのが、フライドライス。

この5週間、どれだけフライドライスを食べたことか…。

バクテー、フライドライス、バクテー、フライドライス…我ながら良く飽きないものだ。
おそらく、飽きるまで食べ続けるのだろう…。

ビールを除けば1日の食品は500円(4ドル)以下の時もある。

朝食がゲストハウスのmingle hostelのおかげで、いつもお腹いっぱい!

7時30分から10時まで、たくさんの出会いと別れに満ちあふれている。

Fried rice, fried rice, fried rice, words are various.
Common universal, put ingredients in rice, quickly stir with hot oil and egg, add various seasonings to salt and pepper, mix at once.
Rice is the source of health! Whether it is carbohydrates, whatever, perhaps the calorie intake per day is small, or diarrhea is affected, it will become more and more thin.

Food coat of alley of Chinatown.
At first, I thought that it was chaos … but if I live it is the capital.

Even if you eat anything, it is delicious! cheap! fast!

Perhaps a crowd of Champuru in China, Murray, India, Thailand, Southeast Asia that can not eat at all even over years!

I always make a safe choice.

Truly, it’s hard to die if you suffer from this pain!

Basically there is no disengagement, fried rice.

For the last 5 weeks, how much did you eat a fried rice …?

Baked, fried rice, baked, fried rice … I do not get tired of it.
Probably, I will continue to eat until I get bored.

Food for a day is sometimes shorter than 500 yen(4ドル), except for beer.

Breakfast is always full, thanks to the guesthouse mingle hostel!

From 7:30 to 10 o’clock, there are plenty of encounters and farewells.

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク