548 Views

【講演】デジコンサロン「AppleとITと私」knnポール神田 30のチカラ

スポンサーリンク

本日の資料はこちら

「AppleとITと私」というテーマで、ボクが普段から実践している30のチカラのいくつかを紹介させていただきました。

デジコンサロン、すでに160回を超えている回数なので、このお招き、とても光栄でした。

http://beingdigital.com/digiconsalon/
https://www.facebook.com/DigiconSalon
■スピーチタイトル
「KNN神田敏晶が振り返る「アップルとITと私」の波乱万丈ヒストリー」

■スピーチ概要

世界で一番小さい放送局 「KNN(Kanda News Network)」誕生のルーツは、1991年、当時、広告満載で分厚かった『MACLIFE』を逆手に取り、関西圏に特化したフリーペーパー『MacPress』を創刊したことでした。『MacPress』の知名度をなんとか上げようと、懸命になって突撃取材を繰り返していたところ、『MACLIFE』高木編集長の目に止まり、「神田さん、なんでもいいから自由に書いて」と言われて「Kanda News Network」という連載コーナーを作っていただいたのがきっかけでした。

今回の講演では、スカリーやジョブズ、ウォズニアックなど著名人に何度も繰り返した突撃取材、フランス・ワールドカップをネット中継し『ル・モンド』でとりあげられた話、セグウェイ事件をきっかけに塀の中に入って目撃した(はず)の麻原彰晃の話、日本航空123便墜落事故、阪神淡路大震災、9.11をはじめ、なぜか事件の現場に居合わせ九死に一生を得るなど、「ジョブズを3回、No!と怒らせた日本人」ならではのスリリングなエピソードの数々。そして、国政選挙の立候補、練馬区区議選などの政治活動から、10年前からの宗教団体運営、国際クーリエサービスからシングルマザー・シェアハウスの運営、knn.comのドメインを売却してテスラモデルXの予約に至るまでの波乱万丈なドン・キホーテ流ビジネス論をシェアできればと思います。

■ゲストスピーカー

神田 敏晶(かんだ としあき)氏

神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部で非常勤講師を兼任後、サイバー大学客員講師。ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム活動、海外シェアハウス運用などをおこなう。著書は、『Facebookマーケティング プロフェッショナルガイド』(マイナビ)、『できる100ワザUSTREAM』(インプレスジャパン)、『Twitter革命』(ソフトバンククリエイティブ)、『YouTube革命』(韓国版)(WIZ9)、『ウェブ3.0型社会』(大和書房)、『YouTube革命』(ソフトバンククリエイティブ)、『Web2.0でビジネスが変わる』(ソフトバンククリエイティブ)など。

ネガティブな言葉に「力(チカラ)」をつけるだけで、ポジティブになる


今回の本テーマは「力(チカラ)」でした。

中途半端 は、「中途半端力」。
おちこぼれ は、「おちこぼれ力」。
根気なさ は、「根気なさ力」。
初心者  は、「初心者力」。

自分の弱さ、弱点、ネガティブさを、漢字の「チカラ」を付け加えることで一気に「強み」に変えることができるのです。
チカラとして、それもスキルとして認めることによって人生が変わるのです。

ぜひ、お試しあれ!

また、いろんなところでIT以外の、モチベーション関連やビジネスの考え方のセミナーをやっておりますので、

kanda@4knn.tv までお気軽にお声がけくださいませ!
※講演料金は15万円(1350ドル)から受けつけております。

講演動画

2015/10/20/TUE デジコンサロン

http://www.ustream.tv/channel/デジコンサロン

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク