Linux を削除して Windows XP をインストールする方法

Toshiaki Kanda 2008年12月25日 木曜日
0 people like this post


VistaとXPが同居しているSycom製のPCを純粋なXP homeにしようと改造手術に望む。

現状の患者のカルテです。

http://www.sycom.co.jp/

 RadiantGX1000BG series  2007.01.17日購入 
================================================
CPU      : Intel Core2Duo E6600 [2.40GHz/L2 4MB/DualCore/FSB1066] (標準構成価格87800円)
CPU-FAN  : Intel推奨FAN(標準)
MOTHER   : Intel DG965RYCK[Intel G965 chipset+ICH8/GigabitLAN] (標準)
MEMORY   : 2048MB DDR2-SDRAM PC4200[1024MB*2枚]【メジャーチップ・6層基盤】 (+16320円)
FDD      : なし (-550円)
HDD      : Seagate ST3400620AS [400GB 7200rpm 16MB S-ATA2 流体軸受](+12500円)
ExDrive  : なし (標準)
OptDrive1: DVD-RAM/±R/RW;[白ベゼル]LG GSA-H42N+ソフト(+3560円)
OptDrive2: なし (標準)
VGA      :【PCI-E】nVidia GeForce7600GS 256MBファンレス[DVI-I/D-Sub端子付](+15540円)
SOUND    : 6ch (Intel High Definition Audio)オンボード(標準)
SPEAKER  : なし (標準)
ExCard   : なし (標準)
TV-tuner : なし (標準)
LAN      : GigabitLAN (1000BASE T)搭載
CASE     : Inwin IW-C588 Silent460(白) [Inwin製460W電源搭載]
================================================

いったんHDDをクリーンにしたかったので、別のOSとして、Ubuntuをダウンロードして、起動CD(CDがなかったので、起動DVD)を作り、問題なく、Ubuntuですべて、フォーマット。

なかなか、Ubuntuも楽しそうだけど、これはまたの機会に。
壁紙がなんだか、平安時代みたいですごいなぁ。

これでHDDがすっきりとクリーンになったと思い、「Windows XP home」のアプリケーションディスクを入れ、再起動。

「F2」を押して、BIOSでDVD-ROMドライブ起動にしたけれども、Ubuntuのみが立ち上がり、Windows XPは立ち上がらない。

ネットで検索して、同様の悩みの方を発見!
Linux CentOS5をインストールしたハードディスクにWindowsXPをクリーンインストー...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012582480

なぜ、XPのディスクが機能しないのかは、これがどうやら原因のようだ。

Windowsのインストーラは, インストールの能率をあげるため, まずいくつかのファイルをハードディスクにコピーしますが, ハードディスクがWindowsからアクセスできないファイルシステムの場合, コピ−すべき場所が見つけられないので「パソコンの状態をチェックしています」で止まってしまいます。

なんとも、情けない…。そうか、UbuntuですべてHDDをLinuxにしてしまったので、Windowsインストーラが止まってしまったのか…。

そこで、そこからのリンクでマイクロソフトのサイトへ

「Linux を削除して Windows XP をインストールする方法 」
http://support.microsoft.com/kb/314458/ja
(なんでマイクロソフトのサイトが検索されないんだろう?こんな希有で素敵なことをやろうとしているのに!)

なになに、Linuxの FDISKで消去?

何やら、難しくなってきたが、Ubuntuの起動DVDを入れてリスタート。

まずは、コマンドプロンプトでfdiskと入力とあるが、どうやってコマンドプロンプトを出すんだ?
ここから、「ubuntu コマンドプロンプト fdisk 」で検索…。

はっは〜ん、
「アプリケーション>アクセサリ>端末」をだして、ここで「fdisk」なんだ。

Linux に含まれている Fdisk ツールを使用すると、パーティションを削除できます (MS-DOS 5.0 以降の Fdisk など、同様の機能を持つユーティリティは他にもあります。また、インストール中にパーティションを削除することもできます)。

コンピュータから Linux を削除し、Windows XP をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Linux により使用されているネイティブ、スワップ、およびブート パーティションを削除します。

    1. Linux セットアップ フロッピー ディスクを使用してコンピュータを起動し、コマンド プロンプトで fdisk と入力して、Enter キーを押します。

      : Fdisk ツールの使用方法に関するヘルプを参照するには、コマンド プロンプトで m と入力し、Enter キーを押します。

    2. コマンド プロンプトで p と入力し、Enter キーを押して、パーティション情報を表示します。一覧表示される最初の項目はハード ディスク 1、パーティション 1 の情報で、2 番目の項目はハード ディスク 1、パーティション 2 の情報です。
    3. コマンド プロンプトで d と入力し、Enter キーを押します。削除するパーティション番号を入力するように求められます。1 と入力して Enter キーを押し、パーティション番号 1 を削除します。この手順を繰り返して、すべてのパーティションを削除します。
    4. w と入力して Enter
      キーを押し、この情報をパーティション テーブルに書き込みます。(情報がパーティション テーブルに書き込まれるため) いくつかのエラー
      メッセージが表示される場合がありますが、次のステップでコンピュータを再起動して新しいオペレーティング
      システムを再インストールするため、問題ありません。
    5. コマンド プロンプトで q と入力し、Enter キーを押して Fdisk ツールを終了します。
    6. ブート可能フロッピー ディスクまたはブート可能 Windows XP CD-ROM を挿入し、Ctrl + Alt + Del キーを押してコンピュータを再起動します。
  2. 画面の指示に従って Windows XP をインストールします。

    インストール手順の中でコンピュータに適切なパーティションを作成します。

…とあるけど、まったくその通りには動かないので

ubuntu@ubuntu:~$  fdisk  /dev/hda

で打ち込むと、あららぁ〜 /dev/hda を開けません

と帰ってきた。

うーん、一日仕事と思っていたが、これでは年がくれてしまいそうだ…。

もうちょっと調べてみると
http://madboo.jugem.cc/?eid=1244

ubuntu@ubuntu:~$ bootrec /fixmbr

と打ち込むと、command not found だって…。

ここでめげそうになるが、また、「ubuntu fdisk コマンド」で検索

すると
http://manpages.ubuntu.com/manpages/jaunty/en/man8/fdisk.8.html
でてきましたが、さらに難解に…。

HDDをクリーンにしたいだけなのに…。

そして、さらにQ&Aを読めば読むほど、難解に…
http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa4036776.html

なんだか、「gparted」というようがよさげらしくて、
打ち込むと、権限が必要といわれたので、

sudo   (sudo
他ユーザ権限でコマンドを実行する
)

ubuntu@ubuntu:~$ sudo gparted とすると、おお!!画面がかわった!

さて、XPの住む家にするために「NTFS」を探すと、
「パーティション」「フォーマット」「ntfs」とメニューがあった!

366.87 ギビバイトとある。 なんでギガでなくギビなんだ?
400GBのHDDだけど、どこか足りないけど、ま、このさい、気にしない…。

いけー!! あら、動かない…ぞ…。 ちょっと休憩…。

結局、GParted そのものをダウンロードすることにした。
http://gparted.sourceforge.net/download.php

ダウンロードした、ISOをCD-Rに焼いて、起動。今度は外から起動しているので、中身を初期化できそうだ。

そして、ntfsを選択して、HDDを初期化に成功。

さて、ここでWinows XP homeをクリーンインストールしようとしたが、どうしてもモニタの表示がおかしい。

BIOSの設定かと思って、モニターっぽいところをいろいろさわってみて保存。

あ…、まったく、起動してもモニタにBIOS設定すらうつらなくなってしまった…。ああ、なんという最悪なことに…。



CTOのかばやんに、Skypeビデオサポートをお願いすることに…。

分析すると、HDDがLinuxフォーマットになっている可能性があるので、新たに古いHDDをFdiskで、フォーマットして、それにインストールするということにチャレンジ


Free Dos を検索して、「iso焼き」で。

なんだかいそべ焼きみたいだね。

NTFSではなく、あえてFAT32焼きを選択。

それで、CD Boot のBIOS設定 …。 おやおや、まだうまくいかない。

とりあえず、LinuxのUBUNTUはインストールできたので、UBUNTUを入れておく。

わが家の最速Windowsマシンも、もう2年も経過すると、かなり低速マシンになっている。

これは、神が i7を買いなさいときっと啓示しているような気になってきたよ。







Category: typepad
  • 0
  • 83
Toshiaki Kanda