マイナポイント申し込み どこが一番オトクなのか?

Toshiaki Kanda 2020年06月30日 火曜日
0 people like this post

マイナポイント申し込み どこが一番オトクなのか?

ついに、マイナンバーの本人認証機能の『マイキーID』を活用したポイント還元事業の『マイナポイント』の申し込みが、2020年7月1日から始まる。

しかし、実際の付与は、2020年9月1日から2021年3月31日までと7ヶ月あるので、決して急いではいけない。

25%の還元率を誇っていても、実際には最大5,000円なので、上限で2万円のチャージでしかない。また、これは実際の消費でなくチャージなので、急いでやるメリットはどこにもない。

一番、還元率の良い事業者を後出しジャンケンで選べばよいのだ。
まずは、すべてメインの事業者が出揃うまでは傍観すればよい。

□7,000円 イオンの『WAON』は5,000円+2,000円のWAONプレゼント

通常のマイナポイント上限5,000円相当に加え、WAON特典として最大2,000円相当のWAONを付与。合計で7,000円

https://www.waon.net/mynapoint/

□6,000円 メルカリの『メルペイ』 +1,000円

マイナポイント申込みで最大 6,000 円分ポイント付与 (マイナポイント事業分 P5,000 + メルペイ分 P1,000)

マイナポイント申込みで最大 6,000 円分ポイント付与 (マイナポイント事業分 P5,000 + メルペイ分 P1,000)

マイナンバーカードに対応したICカードリーダーリストから
https://www2.jpki.go.jp/prepare/pdf/num_rwlist11.pdf

https://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html

接触型ICカードリーダー

この際、だから安くなった接触型ICカードリーダーと思ったら、意外とmacOS対応が少ない…。こちらはmacOS catalina対応

サンワサプライ 接触型ICカードリーダライタ Windows/mac両対応 自宅で確定申告 ADR-MNICUBK

https://amzn.to/2Vx8nqr

この記事に関連する記事

Category: news
  • 0
  • 335
Toshiaki Kanda