884 Views

米アップルCEO、顧客のプライバシー宣伝広告に使用することはない

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は2015年2月27日付の英テレグラフ紙とのインタビューで、アップル社は顧客情報や電子メールをスキャンし宣伝広告に使用することはないと述べたそのような行為は倫理に反するとともに、政府であれ企業であれ部外者がアップル社のデータにアクセスすることを受け入れてはならないと強調した

クック氏は、テロについても言及。テロは悲惨で忌まわしく、即刻止めなければならないし、そのためにできることは何でもすべきとしたうえで、プライバシーを侵害されたいとは誰も望んでいないし、それを許せばテロの問題は何も解決しないうえに、人権も侵害されると指摘した

またアップル社の製品は顧客の情報データを最低限のレベルにとどめるよう設計・商品化されているとクック氏は述べるとともに、そのような情報を第3者に売り渡して利益を得ることもしないし、それはアップル社の価値観に反するとの考えを示した。

引用元: 米アップルCEO、顧客のプライバシー守ると強調=英紙 | ビジネスニュース | Reuters.

 

Appleと、ビジネスモデルがまったく違うのがfacebookだ。facebookやGoogle等は広告がメインの収益源であり、Appleとちがって当然だ。
どちらが良くて、どちらかが悪いというものでもない。しかし、それを知っていて使うかどうかはそれ以上に重要だ。

 

Facebookが保有する情報を使用して広告システムや測定システムを改善し、Facebookサービスの内外で、利用者との関連性が高い広告を表示し、広告やサービスの効果やリーチ範囲を測定できるようにします

外部パートナーや顧客との共有

Facebookでは、Facebookサービスの提供や改善を支援する外部企業や、広告製品や関連製品を使用する外部企業と協力して事業を行っています。これにより、会社を運営し、世界中の人に無料でサービスを提供することができます

広告、測定、分析のサービス(個人を特定できない情報のみ)

Facebookでは、広告も、Facebookサービスで提供される他の情報と同等に、利用者にとって関連性が高く魅力的なものになることを願っています。この点を考慮し、Facebookが保有するすべての利用者情報を、利用者に関連性が高い広告を表示するために使用しています

https://www.facebook.com/about/privacy/

この記事に関連する記事