紐育物語 ニューヨーク物語 2001 911テロ直前

Toshiaki Kanda 2014年10月10日 金曜日
0 people like this post

ひさしぶりにニューヨークににきています。
ニューヨークといえば、いつもコンベンションの関係で、真冬と真夏にしか、来たことがなくって、いつも大変な思いをしていましたが、今回は格別にすごしやすい、秋の手前のニューヨークからです。

今回は10数年前に知り合った友達のところにきており、イーストヴィレッジにステイしています。西海岸とはちがって、話す言葉も早いし、ファッションや食事にかけても、こだわりを感じます。また、この地域は安くて美味しいレストランもたくさんあり、ここが本当にアメリカ?って感じるほどの味とも遭遇できました。気候的には絶対にシリコンバレーなんですが、ここでの生活もなかなかいいかもしれないと思ってしまいます。

本日は、ウクライナ料理のボルシチを食べました。ピーツの原色のスープですが、絶妙でした。ウクライナってどこの国?なんて思いながら、餃子のような、ピョロギにサワークリームやアップルソースをつけて食べます。これもビミョーながらも慣れてくるといい味になってきます。その後、ラム肉の美味しいインド料理も堪能しました。今までどうしても、タイムズスクエアとか42stあたりからスタートしていましたが、やはりダウンタウンからスタートした方が何かとエキサイティングなニューヨークを体験できそうです。

治安に関しても、アベニューBでは、夜遅くでも、たくさんの店が空いており、これがかつてのアルファベット地区?(かつては危ない地区)と思うほど、今ふうのカフェやバーが存在しています。ニューヨークでは、毎日がサンフランシスコの金曜日の夜って感じです。

コンビニエンスストアで、流行のクラブを聞いただけで、すぐに「そこだから行こう!」ってノリでクラブに連行されました。金髪のおねーさんですよ。こちらも今は金髪日本男児ですが…。日本では、マッサージのおねえさんくらいにしか、声かけられないのに…。そして、またそこのクラブでも、次から次へと「ジスイズ トシ、ジスイズ、ニコル、ローラ、カレン…」って紹介されますが、とてもじゃないけど覚え切れない。みんながハグして、ほっぺにキスするのもの甘美な体験でした。日本では、きっと別のサービス業になりそうです。

どのクラブも飲まなければチャージすらされませんので、気にいった店だけで、飲めばいいので、そこら中のクラブまわりをすることができます。
今回は、ニューオリンズを経由してきただけに、同じクラブでも、バーボンストリートのブルースバーとは、かなりちがった印象をうけます。

ニューヨークでは、音楽よりもチャット。つまり、話をするために集まっているって感じです。下手な英語でも彼らのリズムについていくためにはマシンガンのようにしゃべるのは、いいレッスンのようです。それにしても、よくしゃべります。

バーボンストリートでは、やはり音楽がメインで、熟年の無名ブルースバンドがいい音を奏でています。思わず、CDが鳴っているのかと思うようなすばらしい名演ライブが5メートル置きにくりかえされるので、それはそれでたまりません。

しかし、あまりにも来る客層がアメリカのリタイヤしたおじいちゃん、おばあちゃんの観光客たちなので、どうしても観客との間に、入れ切れない隙間を感じずにはいられませんでした。あの音楽のノリがニューヨークで聞けたらなあってついつい考えてしまいます。

今回のニューヨークでは、これからの話題になりそうなBARを見つけることができました。10月3日にオープンするバーなのですが、ぶっとんでました。
http://www.remotelounge.com/photos.html
この写真にあるようなレトロチックな機材は、すべてオーナーのレオ・マックス・フェルネカー氏がボードから設計したもので、事務所にはまだ制作中の機材の山でした。

BARに40台ものモニターが設置されており、自由にそのモニターに映し出すカメラをチョイスして、コントロールして、店内にいる人同士を見ることができるようになっています。また、メールをその人に送ったりするようなことができるシステムになっているので、新たなBAR体験を生むことができそうです。

「remote」という店で、カクテルとテクノロジーがコンセプトになっているので、オープンしてからもぜひ見たいと思いました。

Home


327 Bowery near 2nd st 212-228-0228

また、ニューヨークではPRESSという扱いが、たとえインターネットメディアであったとしても、丁重に扱ってくれます。さすが、メディアのリテラシーが高いというか、メディア至上主義の島といえます。世界中のメディアがこのマンハッタン島に集約しているというのも、メディアのビジネスをやるものとして、何かここでチャレンジできるものが必要かなあって感じてきました。

さて、これからはマジソンスクエアガーデンに、マイケル・ジャクソンを見にくる人を見にいこうと思います。30周年イベントなんですよね。
テレビではコンサートは写るけど、外の雰囲気までわからないですよね。
KNNでは、そんな現場ではどうだったかをできる限り等身大でレポートしていきたいと思います。

追記: この2日後、911の同時多発テロ事件が発生するとは思いもよらなかった…。

NY911

この記事に関連する記事

Category: 旅行
  • 0
  • 190
Toshiaki Kanda