チラシやビラを止めさせる”オプトアウト”の権利!

Toshiaki Kanda 2011年02月10日 木曜日
0 people like this post

いつも、マンションに戻って、郵便ポストを見ると、大量のビラにチラシのポスティングの数々…。

マンションには、関係者外立ち入り禁止と、チラシなどの投函禁止の掲示があるにもかかわらず、大量の投函…。

法的にも、不法侵入罪に、違法投棄などの罪が考えられるはず。

必要な郵便物や書類がチラシとビラの混在モード…。まるで、電子メールの受信ボックスと同じように、郵便ポストの前で、仕分け作業が必要となる。

毎日、ポストの前で、仕分けすること約1分。投函されたものの99.99%は、即ゴミ箱行き…。

手荷物を一旦、おろし、仕分けする日々。この1分は、ほんとに無駄な作業。たかが1分だが、必要のない作業をポストの前で行うのがばからしい。それらを部屋に持ち帰ると、さらにゴミ箱にいれて、そのゴミ箱をまとめて捨てる作業が加わるので、その場で処理して、部屋に持ち帰らない。

ポスティングが管理人さんがいない時間帯に投函されているので、管理人さんの抑止力がきかない。

無断な投函を遠慮いただくような、「オプトアウトシール」があって、法的にも効果があればいいのにと思う。

投函する業者さんに、投函するとまずいな!と思わせるシールってないでしょうかねえ…。

とりあえず、セロハンテープで、投函しにくくしてみました。無駄な抵抗なんですけど…。

… しばらく、沖縄なので、かえってからどうなっていることでしょうか?



Category: politics, 旅行
  • 0
  • 385
Toshiaki Kanda