携帯電話契約数、初めてスマホがガラケー抜く 2014年9月末のスマートフォン契約数は6,248万件で端末契約数の50.3%で過半数に

Toshiaki Kanda 2014年10月23日 木曜日
0 people like this post

なんと、スマホよりも、ガラケーのほうがまだ多かったとは!

ということは、スマホの契約鈍化しているといえども、年々つぶれてしまったガラケーからの乗り換え組、非常にスマホのリテラシーの低い人たちが参入してくるわけだ。

2014年9月末のスマートフォン契約数は6,248万件端末契約数の50.3%で過半数

MM総研の調査によると、2014年9月末時点の国内携帯電話端末契約数は、

スマートフォンが6248万件

フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)が6176万件

で、はじめてスマートフォンの契約比件数がフィーチャーフォンを上回った。

スマートフォン契約数の推移

前回の調査は2014年3月末で、半年間でスマートフォンは514万件増加、これに対しフィーチャーフォンは292万件減少し、スマートフォンが契約数で逆転した。MM総研では今後もスマートフォンの普及拡大は継続していくと予測しているが、一方でスマートフォンの純増数は鈍化傾向が顕著で、スマートフォンからフィーチャーフォンへの移行ペースは以前に比べて鈍化してきていると指摘している。

引用元: 携帯電話契約数、初めてスマホがガラケー抜く – ねとらぼ.

Category: news
  • 0
  • 220
Toshiaki Kanda