4,952 Views

手書きロゴの凄さを満喫できる パイロット パラレルペン

思わずカリグラフィー用のペンが欲しくなった…。

それにしてもこの抜群なセンスは、長年にわたるスキルに裏付けられたものでしょう。
このスキルをさくっと、教えてくれないかなぁ…

パイロットのパラレルペンというのか!

【パイロット/パラレルペン】西洋の習字、カリグラフィーを手軽に始められる楽しいペン。

ヤバイ欲しくなってきた!!
http://www.pilot.co.jp/products/pen/color_pen/parallel/


parallel pen
ペン幅は4種類
ペン幅1.5mm
ペン幅2.4mm
ペン幅3.8mm
ペン幅6.0mm

とりあえず60mmをポチってみた!

しかし、amazonの情報少なすぎる…。
カリグラフィー用ペン ペン幅:6.0mm
軸、キャップ 樹脂
サイズ 長さ171mm×径13.3mm 重さ10.7g
セット内容 本体1本、紙粉クリーナー、洗浄用コンバーター、カートリッジインキ(黒・赤各1本)

青色かと思ったけど、これは黒と赤しかないのか…。

まずは、試しで青色が欲しいのはインクを買わないとダメ?

アクセントで描くんなら、バイオレットを選んでみた!

しかし、これ1本で993円 
4サイズそろえると、3972円
全色そろえると12色 一色 @390円 なので、4680円
4サイズ×12色=48バリエーション

全て色とすべてサイズをそろえると、ペンだけで
@993×48=4万7,664円
インクは4,680円
合計 5万2,344円

うまく大ヒットすると莫大な文房具市場が生まれそうです。

一本の動画で、誰もがやってみたくなる。
エントリーコストが安い…。誰もがそれなりに成果がでると…。

パイロットさんは、全国でパラレルペン講座を開講すべきですね。

パソコン、スマホ時代だからこそ、万年筆以外の文房具活用。
ちょっとしたアクセントに封筒に自社の会社のロゴをカリグラフィーで添えたくなったりする。

呉竹のセットはお得かな?

こちらは、パイロットと比較するとかなりお安い!

解説書もある…

ビデオはこちら

他にもペン先45度の映像美がいっぱい!

この記事に関連する記事