519 Views

ポール・マッカートニー2013アウト・ゼア−ワールドツアー13項目のチェックリストとセットリストソング

スポンサーリンク

 2013 out there tour
http://en.wikipedia.org/wiki/Out_There!_Tour

2013/11/19の東京2日目に行ってきた…。

17:00 開場のはずが、18:00開場。サウンドチェックが長引いたためらしい。

…となると、別の曲にトライしているのかと思う。

大阪、福岡のセットリストを見ていると、曲の構成がどうなんだろう?
と思っていたが、実際に聞いてみると、緩急があっていいバランスの展開だった。さすが、南米、北米、ヨーロッパ、カナダを経由してきただけのセットリストだ。

いよいよ、本日でこのツアーも千秋楽。
ポール・マッカートニーも最後の力を振り絞ることだろう。

しかし、いつも思うのだが、ポール・マッカートニーという人は手を抜かない人だ。…かと、いって全力フルスロットルでもない。常に、余裕がある人なんだ。

確かに声は枯れ切っているけれども、太く、たくましく、繊細で、まろやか。

桑田佳祐氏が言うように「喉にイコライザーやコンプを持っている人、日本人には絶対に無理」という表現がよくわかる。

https://www.youtube.com/watch?v=tiz9–FNVCY

71才であれだけシャウトしながらの人は、人類の可能性を感じさせる。
資産800億円でありながら、音楽のために命を毎晩そぎ落とす。

今回は、アルバム「NEW」のチャートイン。まるで、1976年の「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」の「心のラブ・ソング」のようにチャートを駆けあがっていったことを想い出した。

 

最終公演13のチェックリスト

1・ポールは、ステージ中、一切水分を取らないということ

2・ステージから、はけることがない。ずっと、ステージにいます

3・一枚のピックもムダにしない。右ポケットから右手で取り出す。左利きじゃないの(笑)

4・カンペを見る時にも裸眼で目も細めない

5・11年前(2002年)、23年前(1990年)よりも、体にキレがある!37年前(1976年)のwingsには負けますが!

6・サウンド全体のBPMをゆったりとさせている。→ドームでの反響音を計算してなのか?ちょっと遅め。キーは一緒

7・シャウトする時は、必ず顎をひいて、声帯を保護している。

8・04.JETの時などは、Aの開放弦を利用して右手をあげる。ウィングス時代は  4弦Aを抑えたまま

9・ギターのビブラートは、縦ではなく横ビブラート
   05.Let Me Roll It  縦ビブラートをクラプトンが発明する前だったから?

10・23年前(1990年)の来日の時に乱発していた「ワォワォワォー」の犬声がたまにでます。クセなんでしょうね。

11・若干のアレンジ、36.Helter Skelter のボーカルイン時など。

12・オーディエンスの盛り上がりを無茶苦茶気にする人です。最初から盛り上げてください。特にアリーナの人!

13・そして、11/19は、「東京またね!」で去っていきましたが、それは11/21のことをさしていたのかも…11/21のワールドツアー最後に、「東京またね」でおわるのか「ありがと」で終わるのかが、ポールの今後を語る重要な
「ポールズ・ラスト・ワード」になりそう!

おまけ、ポールは福岡公演で相撲を見に行ってから、相撲のポーズがお気に入りのようです!
ウケてください(笑)


2013/11/19 のセットリスト

あれ、昨日は、
04.Listen to What the Man Said あの娘におせっかい
で「チュチュチュ−!」って歌った気がするんだけど、気のせいかなぁ?
 昨日見た人どう? another dayの「チュルチュチュチュ」の間違いかな?

 しかも、このプレイリストで音楽が聞けるのが、
SonyのMusic Unlimited 

無料で30日間は視聴できる

https://music.sonyentertainmentnetwork.com/playlist/9860e613bc6e4aa4bf407741f5cd2596?autoPlay=true

 

18日(月)  →  19日(火)

01.Eight Days a Week

02.Save us

03.All My Loving

04.Listen to What the Man Said → Jet

05.Let Me Roll It

06.Paperback Writer

07.My Valentine

08.Nineteen Hundred and Eighty-Five 1985

09.Long and Winding Road

10.Maybe I’m Amazed

11.I’ve Just Seen a Face → Things We Said Today

12.We Can Work It Out

13.Another Day

14.And I Love Her

15.Blackbird

16.Here Today

17.NEW

18.QUEENIE EYE

19.Lady Madonna

20.All Together Now

21.Lovely Rita

22.everybody out there

23.Eleanor Rigby

24.Mr.kite

25.Something

26.Ob-La-Di, Ob-La-Da

27.Band on the Run

28.Back in the U.S.S.R.

29.Let It Be

30.Live and Let Die

31.Hey Jude

アンコール①

32.Day Tripper

33.Hi, Hi, Hi

34.Get Back → I Saw Her Standing There

アンコール②

35.Yesterday

36.Helter Skelter

37.Golden Slumbers/Carry That Weight / The End

http://funtrendnews.info/3743.html

 

 

 

スポンサーリンク