//afbアフィリエイト  

レインボー限定ライブ、キルザキングかと思ったら…ハイウェイスター モンスターオブロック

リッチーブラックモアがハードロックに戻ってきた!

おやおや、楽曲はなんとディープパープル時代の曲がたくさん!

2016年06月18日 Monsters of Rock

オズの魔法使いのテーマのあと…FGのトリルで始まるかとおもいきや…Gの16符…そんなオープニングだったのか!

Highway star

Mistreated

Catch the Rainbow

Sixteenth Century Greensleeves

Child in Time

Man on the Silver Mountain

BlackNihgtのシュピレヒコール / SMOKE ON THE WATER

関連ニュース

リッチー・ブラックモア「セットリストはレインボー7割、ディープ・パープル3割」

❏リッチーはオランダの『Aardschok』誌のインタビューでこう話したそうだ。「セットリストは約70%がレインボーの曲になる。「Stargazer」はやる。みんなが聴きたいと思っている曲なのは確かだろうから。約30%がディープ・パープルだ。よく知られている曲に焦点を当てるつもりだ」

❏「(ロニー・ジェイムス・)ディオ時代は、この公演の中核となるだろう。それに、ジョー・リン・ターナーとグラハム・ボネット時代の曲もプレイする。パープルに関しては、(イアン・)ギラン時代をプレイするが、デイヴィッド・カヴァデール時代のものもある」

❏公演は現在のところ、6月に3公演しか予定されていないが、リッチーは「僕らが楽しみ、オーディエンスからポジティブなヴァイブが返ってきたら、続ける可能性はある」が、ブラックモアズ・ナイトの活動もあり、次は「多分、2017年になるだろう」と話した。

❏リッチー・ブラックモアズ・レインボーは、ドイツのフェスティヴァル<Monsters Of Rock>で2日間(6月17,18日)、UKバーミンガム(6月25日)でプレイする。
https://www.barks.jp/news/?id=1000124820

リッチー・ブラックモアズ・レインボー、いよいよ初ライブ

新生レインボーのラインナップは、リッチー・ブラックモア、ローズ・オブ・ブラックのシンガー、ロニー・ロメロ、ストラトヴァリウスのキーボード・プレイヤー、イェンス・ヨハンソン、ブラックモアズ・ナイトのベーシストBob Nouveauとドラマーのデヴィッド・キースの5人。この日、13曲をプレイしたそうだ。リッチーはかつて、セットリストは「7割がレインボー、3割がディープ・パープルになるだろう」と話していたが、実際は五分五分だったという。

初日のセットリストは以下の通り。

1.Highway Star(ディープ・パープル)
2.Spotlight Kid
3.Mistreated(ディープ・パープル)
4.Since You Been Gone(ラス・バラードのカバー)
5.Man On The Silver Mountain
6.Catch The Rainbow
7.Difficult To Cure
8.Perfect Strangers(ディープ・パープル)
9.Child In Time(ディープ・パープル)
10.Long Live Rock ‘N’ Roll
11.Stargazer
12.Black Night(ディープ・パープル)
13.Smoke On The Water(ディープ・パープル)

彼らは翌日(18日)、場所をビーティッヒハイム=ビッシンゲンに変え、同じくドイツの<Monster Of Rock>フェスティバルでパフォーマンスする。その後、6月25日にUKバーミンガムで公演を開く。今回はこの3公演のみだが、リッチーは「上手くいったら、もっとやる」と話しており、上手くいくのは間違いないと予想されている。
https://www.barks.jp/news/?id=1000128096

この記事に関連する記事