アルス・エレクトロニカ

セグウェイの仕事でいけなくなってしまった今年のアルスエレクトロニカであるが、さすがにおもしろそうである。
マーク・キャンターのWeblogから見つけることができたのが、この「The artists are climbing the keyboard 」である。
うーん、やはりリンツに行くべきだった…無念。

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。