Web2.0 MUSIC LIVE in Bar Tube

Toshiaki Kanda 2007年04月27日 金曜日
0 people like this post

リアルとネットのクロスメディア連動による、新たな音楽LIVE

Web2.0 MUSIC LIVE in Bar Tube」開催のお知らせ

2007428日(土)21:00 Start

 有限会社Kanda News Network inc.(東京渋谷 神田敏晶代表 以下「KNN」)とAYAMUSIC1(バイオリニスト依田彩 http://www.yodaaya.com)は、ビデオ投稿スタジオBarBar Tube2(東京都渋谷区宇田川町33-13クスハラビル3F)において、CGMを活用した、リアルとネットのクロスメディア連動による新たな音楽LIVEWeb2.0 MUSIC LIVE in Bar Tube」を、XSHIBUYA3(広域渋谷圏クリエイターマッチングLLP「クロスシブヤ」)の協力のもと 428日(土)21:00より開催いたします。

KNN」、「AYAMUSIC」「XSHIBUYA」は、「Bar Tube」で実施するリアル音楽LIVEを、「セカンドライフ」内にある、仮想の「Bar Tube」ステージにも動画配信し、仮想空間上でもLIVEに参加できる環境を提供することで、リアルとネットのクロスメディアによる新たなエンターテイメントを提案します。

また、テレビの新しいネットサービス「アクトビラ4」上で、パナソニック「ビエラ」向けサービスサイトに提供されている「Panasonic TV スクエア5」内の「LUMIX CLUB PicMate6」(SNS機能搭載、写真共有サービス 以下「ピクメイト」)を利用し、CGMとしてLIVE中にとられたライブ携帯写真を「ピクメイト」上の一つのWebアルバムに集約し、リアルLIVE参加者にはデジタルテレビ「ビエラ」で、ネットLIVE参加者は各PCでその写真を同時に閲覧可能状態にし、リアル・ネット連動イベントにおける新たな楽しみ方(また、コミュニケーションツール)を体験していただきます。

さらに、LIVE参加者の演奏リクエストに対応すべく、パナソニック通信カラオケ「ゆめカラ7」を活用し、「ビエラ」及び「SDカラオケマイク」を通じて、LIVE音源をミュージシャンに提供することで、テレビを利用したWeb2.0的通信カラオケの新たな使い方を実演いたします。

今回の「Web2.0 MUSIC LIVE in Bar Tube」では、アーティストの新たなプロモーション手法を提案すると同時に、TVPC、モバイルを連動させながら、CGM機能を活用して、クロスメディア演出させることで、リアルとネットとの融合を図り、Web2.0時代におけるコンシューマーの新たなエンターテイメントを体験していく機会を提供してまいります。今後、「Bar Tube」では、この手法による、アーティストのプロモーション支援を積極的に展開していく予定です。

BarTube

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町33-13クスハラビル3F C

(渋谷センター街、一番奥までお進みください。左手サンクスの手前のビル3F)
営業時間 21:00-24:00 月-土(日・祝休み)
 Phone 03-5458-6226 

地図 http://snipurl.com/1icak

 


この記事に関連する記事

Category: KNN
  • 0
  • 135
Toshiaki Kanda