435 Views

外国人化するサッカー英国プレミアリーグのオーナー

英国プレミアリーグ

❏マンチェスターU アメリカ人 NFLバッカニアーズのオーナー マルコム・グレイザーが7億9000万ポンド(約1627億円)で買収。

❏チェルシー ロシア人 ロマン・アブラモビッチ ロシアの石油王

❏マンチェスター・シティ タイ人元首相 タクシン元首相 8160万ポンド(約200億円)

❏ポーツマス→フランス人 2006年7月
1億2500万ドルでロシア系フランス人のアレクサンドル・ガイダマクが買収。

❏アストンビラ→アメリカ人 2006年8月
NFLクリーブランド・ブラウンズ オーナーランディ・ラーナーが1億4200万ドルで買収。

❏リバプール→アメリカ人 2006年11月
NHLカナディアンズのオーナー ジョージ・ジレットとMLBレンジャーズとNHLスターズのオーナー トム・ヒックスが共同で4億7000万ポンド(約1109億円)で買収。

❏ウエストハム→アイスランド人 2006年11月
アイスランドサッカー協会会長を務めるエゲルト・マグナソン氏を中心とする投資グループが、8500万ポンド(約190億円)で買収。

❏レスター・シティ タイ人 2009年 
キングパワーインターナショナルグループのビチャイ・スリヴァッダナプラバが買収。
キングパワーインターナショナルグループは、バンコクに拠点を置くタイの大手旅行小売グループ、免税店がメイン
現在の会長兼最高経営責任者(CEO)はビチャイ・スリヴァッダナプラバ