1,028 Views

◯◯成人式ブームに乗っかるビジネスは?

いままで成人式といえば、20歳の成人式だけであったが、これを勝手に解釈している自治体が増えているという。

 

10歳を祝う“二分の一成人式”

これは家族親族にとってのギフト市場を活性化できる。
誕生日以外にプレゼントが渡せる。

将来、何になりたいかという小学校4年生の気持ちを理由を添えてプレゼンテーションする。それにそなえて、親だけでなく、親類家族でお祝いする。

 

40歳の成人式

これは会社関係で、お祝いごとになりそうなので、飲食関連ビジネスでW成人式のお祝いをキャンペーンすべきだろう。

中学、高校、大学などの、同窓会などもこの年令はありだ。

 

66歳の成人式

社会からリタイアした人たち、しかし熟年はまだまだ元気!
60でリタイアした人も、65でリタイアした人も、第二の人生をどう設計して、お迎えの日までどうすごすのかの決意を家族に宣言する日となる。

資産の売却や節税業務などの見直しの機会などで、行政書士やFPさんらのキャンペーンがありだろう。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2015/01/0113.html

この記事に関連する記事