WPテーマ『#SANGO』を導入してから2週間後

検索順位27位

SANGO のテーマの効果が見えてきているような気がする。

GoogleSearchConsoleでの効果測定

導入が 2021年3月11日(木)だ。

調整に約1週間ほど…。

そう、急いでやっても結果は1週間後くらいにしか現れないからだ…。

SANGO導入前の平均検索順位は 35.5位 だった…

検索順位2

お!検索順位が上がってきている!

SANGO導入後の検索順位は、27位  (2021年3月23日火曜日 現在)

2021年3月11日の『SANGO』テーマ導入から12日後だ。

検索順位が、20位を切ると 検索画面の2ページ以内での表示なのでまずまずの効果が期待できる。しかし、昨今ではモバイルでのブラウズが60%となっているので、15位を切らないと、存在していないに等しい。

検索順位
SEO効果がテーマを変えるだけでも効果があることが確認できた。

Suenagaさん、ありがとうございます!

■表示スピードの改善

Googleから、スピードに関して、アラートが表示されている。
4桁だから相当きつい状態だ…。


原因はモバイルにおける、これらの2つだ…。いつもながら意味不明。

CLS  LCP

LCP CLS

 

googleの Pagespeed insights でも調べてみると…。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

ひどい結果がかえってくる…。 100点満点中37点だ!
37点

■Hummigbirdを試してみる

 

プラグインで表示スピードがどれだけ変えられるのかは、疑問だけど、
ワードプレス プラグイン Hummingbird  をテストしてみる。
hummingbird

Hummingbird:ページの表示速度の高速化ができる

[WordPress] Hummingbird プラグイン – Optimize Plugin – ID14398

設定が複雑だけど、一応トライしてみた。

結果は1週間後くらいに…。

リンク先

現在、リンクの頭になぜか、『X』が表示されているけれども、表示スピードが上げるために削除されているのかもしれない。

しばらく様子を見ることに…。

 

■モバイルユーザーフレンドリー対策

 

検索順位はあがってくる傾向が見えたので、『モバイルユーザーフレンドリー』対策として、このエラー数 761を減らしたい…。

モバイルユーザーフレンドリー

761のエラーが気になる…

SANGOを導入してからもエラーは増加している傾向がある。

エラーの要因

エラーの要因は4つ

重要なのは、クリック可能な要素同士が近すぎます。

この解決方法を検索

https://buildingblock.jp/blog/click-element-too-close/

リンクのあとにPタグ

http のリンクの前に<P>タグを1つくらい Serch regex で挿入してみるか?

Search Regex

この記事に関連する記事