シャープの目のつけどころが上からすぎる発言。「リソースはホンハイ」にはさすがに呆れた…。

Toshiaki Kanda 2016年02月04日 木曜日
0 people like this post


目のつけどころが上からでしょ。 ‪#‎シャープ‬

「現在、精査に社内リソースを多くかけているのはホンハイ案だ」
このコメントをどの口が言っているんだろうか?

社長というよりも、人としての立場を理解しているのだろうか?

経営悪化に救いに手を差し伸べている人たちに、むかってこの発言ができる、上から目線に驚愕する。

http://jp.reuters.com/article/sharp-taiwan-idJPKCN0VD0A2

3000億円と7000億円では、あまりにも大きい。
その、出資額の違いが、このおごりの発言となったならば、寂しい限りだ。

液晶技術が海外に流出…という段階で、思考停止。すでに、技術ではなく量産体制だけ。

何よりも…情けないのが、この条件で一ヶ月程度精査するという、決断力のなさ…。
そもそも、その合議制がシャープを悪化させてことがまったく学習機能が活きていない…。

ほんと、社員の皆さんにアホな経営者に変わっておわびしたいくらいだ…。

これは氷山の一角で、これから日本の大企業はこういう側面にひきずりこまれるケースが増えるばかり。

http://jp.reuters.com/article/sharp-taiwan-idJPKCN0VD0A2

この記事に関連する記事

Category: ビジネス
  • 0
  • 372
Toshiaki Kanda

KNN