273 Views

SXSW2018で読みとく近未来SFカルチャー

#sxsw2018

twitter
https://twitter.com/search?q=%23sxsw2018&src=typd

youtube
https://www.youtube.com/results?search_query=%23sxsw2018

facebook

BOSE AR のメガネ型スピーカー

Boseが取り組む “音によるAR” 「Bose AR」体験レポート #SXSW2018

Boseが取り組む “音によるAR” 「Bose AR」体験レポート #SXSW2018



この「Bose AR」デバイスは内部に独自の音響システムを搭載しており、眼鏡をかけた本人にだけ音声が聴こえるようになっている。もちろん耳を塞ぐものではないため、外界の音・案内人の声を聴くこともできた。

試しに眼鏡を付け外ししてみるも、外した際の音漏れなどはあまり感じられず、かけた時にだけ明瞭な音声を聴くことが出来る。

3Dプリンターハウス

https://www.iconbuild.com/

3Dプリンターで作る、24時間で建つお家。お値段100万円ほど、コストもセンスも良さげ

3Dプリンターの家を手がけたのは、サステイナブル建築を行なうICON。使われた3DプリンターはVulcanが開発。現在、テキサス州オースティンで開催中のSXSWにて、モデルハウスを展示しており、その広さは60平方メートルほど。リビングと寝室に加え、ちょっとしたポーチまでついています。内装に使われているファブリックがカラフルな柄もの、置かれている家具がモダンでオシャレというのもありますが、とても「簡易的な家」とは思えない素敵な空間になっています。

http://news.livedoor.com/article/detail/14432908/

メルセデス・ベンツ AI自動車

Mercedes-Benz Artificial Intelligence & Future Mobility | SXSW 2018

Google子会社Waymoの自動運転カー

SXSW2018報告① Waymoの挑戦

SXSW2018報告①  Waymoの挑戦

SXSW2018イーロン・マスクセッション

[SXSW2018]Vol.02 イーロン・マスク×クリエイティブ:映像がビジネスを加速する

イーロン・マスクは映像の力を使って新たな価値観を提案するのも優れている。2年前のSXSWで話題になったイーロン・マスクのプロジェクトの一つであるHyperloopはもちろん、SXSW 2018でも交通渋滞をなくすためのトンネルプロジェクトで新たな価値観を提案していたBoring Co.(日本語で言うなら“掘り起こし会社”)社で進めている、渋滞をなくすためにトンネルを掘り地下の乗合バスでスムーズな交通を実現するものである。
https://www.pronews.jp/special/20180313022338.html

■Boring Co urban loop system preview

Tunnels

PARCOが目指す「2020年の買い物体験」、SXSW 2018で未来のショッピングを提案

安藤:2019年に「渋谷PARCO」がリニューアルするのですが、そこでお客様がVRやMRを通じて、実際にお買い物をしていただけるようにすることも考えています。
https://bouncy.news/11608

#SXSW2017

Googleとリーバイスの「Project Jacquard」ジャケット、今秋350ドルで発売へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/13/news062.html

おまけ

Human Augmentation

https://lunavity.com/

2018 CES at Las Vegas

The state of self-driving cars: 2018

この記事に関連する記事