1,225 Views

リコー「THETA(シータ)」が動画撮影対応に!APIも公開 2014年11月14日

専用サイトの
https://theta360.com/ja/
への公開だけではなく、広くサーバーにインストールできるものとかもあったほうがいいと思う。
360度、技術があるので、スケールするマーケティングのアイデアをもっと展開するべきだろう。
「THETA(シータ)」の一番の顧客はどこの誰なのか?
ここが重要だ。

enbedはタグでこのように貼り付けることができる。

The top of the mountain in Pilatus, Switzerland – Spherical Image – RICOH THETA

Formation flight of T-6 in San Diego – Spherical Image – RICOH THETA

リコーは撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できるデバイス「RICOH THETA」(リコー・シータ)を刷新し、動画撮影に対応した新モデル(RICOH THETA Am15)を11月14日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は3万円台前半(税別)。

スティック状の小型軽量サイズはそのままに、多くのユーザーから要望があったという全天球動画の撮影が可能になった。撮影後にPCに取り込んだ画像を、専用アプリ内で動画変換することで、最大3分間(合成後)の画像を全天球動画として楽しめる。

引用元: リコーの全天球カメラ「THETA」が動画撮影に対応 APIも公開 – ITmedia ニュース.

この記事に関連する記事