200 Views

高田馬場 トンカツ 『とん米 』お昼のサービスヒレカツ定食うまかった!

高田馬場のトンカツ激戦区にまたもやコスパのよい名店がデビュー!

スーパーマーケットオオゼキ、直近の場所。
こちらの店舗はロティサリーチキンから、ハンバーガーになり、トンカツ屋さんになった。高田馬場は、ホント入れ替わりが激しい。
改装前からいつ頃オープンなのかが気になっていた…。
毎回、変わっては食べているので、居抜き物件は、どこか懐かしい場所でもある。
しかし、オープンしてからは行列が続き、すぐにランチタイムは「準備中」に…。
これは、心してと11:30オープンにあわせていくと、ほとんど満席!
いや、すごい人気だ。
2018年4月24日(火)のオープンだ。
「ミシュランの名店が伝授。」というチラシから、「当店の直営農園(愛媛県今治市)のしまなみレモン」というのも気になる…。どんだけ大きな資本系列なんだ?いろんな? が気になりながらようやく着席。
店内では、おしゃれなジャズがかかっている。

「ランチヒレカツ定食( 880円税込み)」を注文。忙しい中、ミシュランの名店の謎を伺うと、ユリガオカのミシュラン店の指導をうけたとのこと…。…ということは、『とん鈴(神奈川県 川崎市麻生区)』さんのことかな?

しばらくして、お膳で登場するランチ定食。カウンターでオトナの男性が並んで座ると、後ろからお膳で出すのは少しオペレーション的に大変。

写真撮影の許可を得ているものの、熱々で食べたい。
得にこだわりのなんとか豚とかではないけれども、普通に美味しい!
あ、ごめんなさい「曽我の屋の豚(那須・栃木県)」だそうです。
油のサクサク加減もよい感じ。なによりも、油が苦手なボクにもここの油は抵抗がまったくなかった…。
ついてくるしまなみレモンの酸味が、さっぱり感をさらにアップさせてくれる。
キャベツにはしまなみレモンをたっぷりでいただきました。
ごちそうさまでした…。
家から徒歩60秒圏内にこんなに美味しいトンカツ屋さんの登場に嬉しくなりました。
運営は嘉永五年(1852年)創業、生糸貿易、米穀商からスタートした「常磐屋」グループだそうです。


ランチタイムは、ロースカツ定食もヒレカツ定食も同じ値段の880円の税込み

関連ランキング:とんかつ | 高田馬場駅下落合駅西早稲田駅

この記事に関連する記事