スタートアップは、#ウォルトディズニー のこども向け漫画を読みなさい

スタートアップは、ウォルトディズニーのこども向け漫画を読みなさい。

成功し始めるのは、半分以上の失敗の連続以降。半分は失敗が物語られている。

ビジネスよりも好きで始めた趣味の延長、個性の効いた事業。

数々のテクノロジーを駆使したテクノロジストでもあった。

チームワークで失敗し、仲間に裏切られ、会社ごと乗っ取られ、キャラクターパクられ、失意のどん底からのミッキーマウスの創造。

テレビ局にスポンサーを獲得して、遊園地づくりに。

トーキーの開発。
カラーの開発。
長時間アニメの開発。
アニメーションカメラの開発。
オーディオアニマトロニクスの開発。
パビリオンの広告ビジネスモデル開発。
キャラクターのライセンスビジネスモデル開発。

ウォルトディズニーカンパニー監修版
成功するまでには、おびただしいほどの失敗の母数があった。

 

EPCOT CENTER の完成を見ることなく、ウォルトは天に召されました…。


おすすめは、
『ウォルト・ディズニーの約束』

https://amzn.to/3vghgWP

 

 

1939年、シリコンバレーは、ウォルト・ディズニーが作ったという話

https://4knn.tv/2018-10-11-115555/

1928年ウォルト・ディズニーの『シリー・シンフォニー』シリーズ。トーキー映画の誕生から、たったの2年でこのクオリティ

https://4knn.tv/laugh-o-gram-studio/

ディズニー買収金額のインフォグラフィックス

https://4knn.tv/disney-infographics/

この記事に関連する記事