64 Views

URLドメイン名の有効期限を知る方法 http://webanalysis.tools/

.tools

というドメイン名。おもわず、トップレベルドメインドメイン名とは思えない。勘違いしてしまいそうなドメインだ。

このサイトの情報は極めて重要情報にアクセスさせてくれる…。

http://webanalysis.tools/

http://webanalysis.tools/site-summary/

のあとに、ドメイン名で、その指定ドメイン名の有効期限が表示される。

例えば、

http://webanalysis.tools/site-summary/cnn.com

CNN.com のドメイン名の更新日が、2018年9月21日ということがわかる。

Appple.comのレジストラはなんと、GoDaddy だった!

http://webanalysis.tools/site-summary/apple.com

apple.comの更新日は、2021/2/20

なんと、Apple.com のレジストラーは、 Godaddy.com だったとは!!!! これは、なんとも可愛いい!

Google.comは…2020年09月14日だ。
http://webanalysis.tools/site-summary/google.com

Microsoftは、2021年05月03日だ。
http://webanalysis.tools/site-summary/microsoft.com

facebookは、2025年3月30日
http://webanalysis.tools/site-summary/facebook.com

amazonは、202年10月31日
http://webanalysis.tools/site-summary/amazon.com

こんな情報を開示していていいのか???

これって、うっかり更新を忘れている人がいつの間にやら、ドメインを取られるというリスクを増やしているかも…。
しかし、こんな大企業でも2020年までしか登録してないなんて…。1000年くらい先まで登録しているとおもっていたのに…

ドメインハッキングのリスク

Who is でメールがくることは無くなったが、これは、ドメインの締め切り順で python でクロールして、そのドメイン名を抽出し、自動でドメイン名の申請をだしていき、ドメイン名が、取れてしまってから支払い画面でメールするようなプログラムを作れば、ドメインスクワッター業が成立してしまうじゃないか!

ちなみに…日本のヤフージャパンは、
http://webanalysis.tools/yahoo.co.jp/

お!さすがだ!

Not specified 指定なし になっている…。
ウェブ管理者が、ここまでの仕様を理解しているかどうかも試される。

このNot Specifiedの出し方はどうやっているんだろうか?

 

who is の情報ださないサービスが、1080円取れるとするならば、ドメインの締め切り日を表示させない方法も有りだろう…。

who is ガードサービスhttp://www.gonbei.jp/service/whoisguard.html

この記事に関連する記事