6 WeChat Pay 2Alipay カルフールの自動レジ比率 中国・深圳

Toshiaki Kanda 2019年07月22日 月曜日
0 people like this post

 

 

f:id:knnkanda:20190722125728j:image
f:id:knnkanda:20190722125716j:image
f:id:knnkanda:20190722125731j:image
f:id:knnkanda:20190722125723j:image
f:id:knnkanda:20190722125737j:image
f:id:knnkanda:20190722125719j:image
f:id:knnkanda:20190722125741j:image

 

 

カルフールの自動レジを見て驚いたのは緑色のレジが大半で青色のレジは少なかった。

つまり、緑色のレジはWeChatPayのレジであり、青色のレジはAlipayである。

 

Eコマースを主体としたAlipayよりもチャットなどのコミニケーションを主体としたWeChatの方がペイメントにおける占有率においても有利に働いているようだ。

この記事に関連する記事

Category: 中国
  • 0
  • 24
Toshiaki Kanda

KNN