Wi-Fi体重計 Withings  WiFi Body Scale WBS01 Coviaネットワーク対応

Toshiaki Kanda 2010年07月10日 土曜日
0 people like this post



デバイスが進化することによって、いろんなことができるようになりそうだ…。

南アから戻ってきたら、Wi-Fi体重計 Withings が届いていた!
http://www.withings.com

体重計が、Wi-Fi化することによって、体重やBMIを管理してくれ、さらにTwitterにtweetまでしてくれるようになった。さらに、Google healthにもリンクされている。iPhoneアプリもある! WiScale (無料)

Wi-Fiの設定をして、体重計に乗るだけ!それだけで日々の体重管理ができるようだ。

データがすべて公開する設定にしているので、太るわけにはいかない!これは新しいダイエット方法かもしれない。

「データ公開ダイエット」

かなり、抑止力になりそうだけど、かえってストレスになる人もいらっしゃるかも。むしろ、それよりも、デバイスがWi-Fiでクラウドとつながることによって変わるものがある。

プライバシーだ。

今、そこにある機器がプライバシーをパブリックにしていく。

まさに、自分の身体変化をクラウドで管理する。いや、ソーシャルで管理される。

いま、GPSで、どこにいて、なにをしているのか? もしかすると、内臓器官の動きまで、トラッキングできてしまう時代がきそうだ。

消費カロリーから医療データまで、そのうち映画「ミクロの決死圏」のような内視鏡カプセルが体内をツイートする時代がやってきそうだ。

また、ひとつ、未来を感じる経験値がひとつ増えた気がする。

http://www.withings.com/en/utils/graph?userid=88477&publickey=474372b7178a3afe&massUnit=kg&forcedisplay=fm


Withings

※このグラフに、食べた料理の写真のリンクなどをエンベッドできると、さらに原因追求と対策と仮説がたてられそうだ…。ライフログという日々の記録にもなりそうだ…。





 

 

Category: gadget, コラム
  • 0
  • 179
Toshiaki Kanda