449 Views

Wikipedia、寄付で1600万ドル(13億2800万円)を調達! 

Jimmy Thank You/ja – Wikimedia Foundation http://j.mp/gx23SF

なんと、ウィキペディアは、寄付で1600万ドル(13億2800万円)を調達したそうだ!おめでとうございます。

寄付を忘れていたと思ったけど、下の方にまだ間に合うということだったので、早速 PayPal経由で寄付してきた。PayPalも日本のカード会社で利用できるので、カード会社よりも、手数料は最低で寄付はすぐに、ウィキペディアに届いたことだろう。

すると、こんなようなメッセージを書けるページに案内された。

単に寄付しておわりでなく、より、深くコミットメントできるように設計されている。

一応、こんなメッセージをそえました!

 

これからも、利用するばかりでなく、wikipediaに執筆していきたいとより強く感じた!がんばってねjimbo!

寄付はこちらから…。Support Wikipedia

広告もバナーも貼らずに、見やすい画面でスッキリとしたインタフェースで、運営できるのはこのみんなの寄付の力のおかげ!

 

2007年、渋谷のBarTubeにいらしたジミーウェルズさん
とっても、きさくにBARのトイレのドアにサインをしていただきました。

 

 

すばらしい。

ウィキメディア財団は毎年、なかなか届かないだろうという位置に目標を設定してきました。ウィキメディア運動とそのウェブサイト群は成長を続けているため、そうしなくてはならないのです。ウィキペディアは世界で5番目に多く閲覧されているウェブサイトになりましたが、そのスタッフや設備、予算は、上位10番目のどのウェブサイトと比べて、何分の一にも満たないものです。

毎年、世界がひとつになり、ウィキペディアとその姉妹サイトを支えます。わたしたちの最初の資金募集運動は、コミュニティが協力して、ひとりのボランティア(その人はのちに財団の初代最高技術責任者になりました)にノートPCを1台買ってあげようというだけのささやかなものでした。

今年は例年よりも、もう少しすばらしいことがあります。ウィキペディア十周年のお祝いがあるのです。一年のはじめに、ウィキペディアとその姉妹プロジェクトを支えるウィキメディア財団の予算をこのように十分に調達することによって、次の十年をともにあゆむことができます。

今年の資金募集はいままでで最大の金額となる1600万ドルを調達できただけでなく、もっともはやく終わった資金募集でもあります。

統計情報をもういくつかご紹介しましょう。

ウィキメディア財団への寄付の件数、50万件以上。
ウィキメディア地域別協会への寄付の件数、およそ13万件。
ウィキペディアができてからこれまでの一日あたりの寄付金額1位と2位の更新。
平均寄付金額、およそ22ドル。
今回の資金募集にはウィキメディアプロジェクトの愛すべきところがすべてあらわれていました。人々があつまり、自分が出せるものを持ち寄り、みごとな結果を出す。インド、ムンバイの技術者、ロンドンの株式仲買人、モスクワの学生……こうした方々のご協力により、わたしたちはまた一年、ともに奮闘をつづけることができます。

それでは、お祝いをしましょう。

ウィキメディアで活動する10万人のボランティアを代表して、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

ジミー・ウェールズ
ウィキペディア創設者

追伸 ウィキペディア十周年に際して、世界中のボランティアが祝賀会をたちあげています。詳しくは http://ten.wikipedia.org をご覧ください。それと、もしまだウィキペディアをご支援くださっていないとしても、遅すぎるということはありません。ご寄付はこちらで受け付けています。

 



 iTunes Store(Japan)