windows7のプロモーションのはずが…フリーズ生放送

Toshiaki Kanda 2009年10月25日 日曜日
0 people like this post

「とくダネ!」とハイテク機器の相性はとても悪いようだ。

iPhoneでさえも、うまく操作できなかったり、今度は、Windows7が、その洗礼を浴びる。

それにしても、すごいのが、うまくいかなかっても、それも真実として報道する姿勢。

プレゼンターの笠井さんも、小倉さんも慣れたもの。焦らないで、フリーズすることもあるものとして放送。

小倉さんが、スーパーニュースで、木村(太郎)さんがやっても同じだった…と追い打ちをかけます。

スタジオで時間が立ったから…と弁解したけれども、それがまたやぶへびに…。

マイクロソフトの広報さんは、さぞ、焦ってことでしょう。いや、一番焦っているのは、フジテレビの広告営業さん。きっと出演者のフォローではなく、追い打ちをかける態度に関してなにかあってもおかしくない。

広告出稿する立場から、何かあってもおかしくないはず…。フジテレビでマイクロソフトのCMは今後も見ることができるのかが不安になったところです。

もちろん、この朝の人気番組でのフリーズを見て、Windows7でなくて、XPでいいやと思った人は相当な数になることでしょう。

via from http://jp.techcrunch.com    http://j.mp/Skn0M


また、今回のWindows7が、VISTAよりすばらしい!という謳い文句が本当かどうか気になった方はこちらの映像も…。
2度あることは、何度もあるようです。

http://www.apple.com/getamac/ads/

また、量販店では、Widows7搭載の新パソコンに、「ダウングレード可能!」のPOPが踊っていました(笑)

ダウングレードサービスが、セールストークになっているという現実は、OSで多くの利益を得てきた会社の価値が、まったく認められていない証拠だと思います。

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 168
Toshiaki Kanda

KNN