米ヤフー、米ベライゾンに48億ドル売却直前。問題はヤフージャパンの親会会社ソフトバンク傘下への影響。米スプリントは直接的な競合

Toshiaki Kanda 2016年07月25日 月曜日
0 people like this post

これは相当、面倒な話しになりそうな予感。
米ヤフーは、ベライゾン傘下へ。しかし、日本のヤフーは、ソフトバンクの優等生傘下企業。
しかも、米ヤフーは、日ヤフーの株を30%以上保有している。
さらにアリババ株、410億ドル相当を米ヤフーが保有している。ソフトバンクもアリババの株主。

今回の買収はヤフー保有資産の株以外。

これは早期に株式を買取る交渉をすすめないと面倒なことになりそうだ。
しかし、1兆円以上の現金が必要なのは、先日3.3兆円で英ARM社の買収を決定したばかりのソフトバンクには、さすがに債務超過…。

どうなるヤフーブランドの競合支配!

米ヤフー、米ベライゾンに48億ドル売却直前

Yahoo取締役会、Verizonの48億ドル買収提案に同意との報道

買収条件は明らかにされていないが、The Times等の報道によると、Yahooが所有する410億ドル相当のAlibaba株は、現在の株主の手に残されるという(Yahoo Japanおよび一部の特許も)。
http://jp.techcrunch.com/2016/07/25/20160724yahoo-bid/

米ヤフーは、ヤフー・ジャパンの30%以上のシェアを有する第二位の株主です。今回の$4.8Bの売却には、ヤフー・ジャパンの株式は含まれていないため、米ヤフーとヤフー・ジャパンの関係が非常に大きな焦点になると思います。 この点が面倒なのは、「米ヤフー」ブランドを保有することになるベライゾンが、スプリントの直接の競合にあたるからです。

情報源: 米ヤフー、売却後を占う5つのポイント|決算が読めるようになるノート|note

この記事に関連する記事

  • 0
  • 184
Toshiaki Kanda