超時短1分間ゆでないパスタに挑戦!ためしてガッテンの自己アレンジ風

Toshiaki Kanda 2013年10月15日 火曜日
0 people like this post

スポンサーリンク



 

今までパスタを茹でるのに11分間とかかかっていたのは、水分が乾麺に浸透し、熱を加えて糊化(こか)するために必要な時間。

そこで、パスタの中に最初から水分を浸透させるのが、この漬けおきパスタ。パスタは2時間以上漬けても浸透する水分は変わらない。

水にパスタを2時間漬けておきます。

この状態で、これ以上にパスタは吸水しすぎることがなく3日くらいは冷蔵庫で持つ。
水を切って冷凍させると一ヶ月持ちます。

この状態で、あとは少ないお湯を沸騰させ、1分間茹でるだけでパスタが完成。大量に作る時や、朝の忙しい時でも超時短でパスタ料理が作れます。

 

今回は、茹でるのではなく、和えるタイプのカルボナーラで挑戦!

ベーコン玉ねぎをオリーブオイルで炒めた中に水を切った水漬けパスタを投入。色はパスタではなく生麺のような色です。

 

しかし、熱していく間に、あらら、不思議!
パスタの黄色の色に戻ってきました!

 

玉子2個+白身1個(黄身はあとのせ)に粉チーズ、バター、塩、ブラックペパー、ミルクを入れた玉子汁で、手早くまぜます。

 

あとのせ、卵黄をパスタのくぼみの上に載せ、再びブラックペパーの雨をたっぷり振らせて出来上がり!!

恐るべし!1分間パスタ!!!

アルデンテではないけれども、パスタのゆで時間を計算しないでも、調理ができました!

 

ためしてガッテン うまっす次世代パスタhttp://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20131009.html

 


スポンサーリンク





  

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 312
Toshiaki Kanda