517 Views

「もったいない主義」 小山薫堂 幻冬舎新書

効率化や合理化といったことではなく、ムダなことかもしれないけど、常に「もったいない」と考える事によって、ユニークな視点が得られることがいろいろと学べる。

いろんな事象も先ずは、「もったいない」と思って「企画」を掘り起こしてみようと思わせてくれる一冊だ。

巷によくある、成功本とか、勝間本と違って、肩の力を抜きながら、おもしろいことを楽しみながら実践している小山薫堂のライフスタイルがにじみでている。

こういう生き方って思わずいいなあと思わせながらも、いやらしさが見えない点がとてもいい。

冒頭での「みんなが絶対に食べたくなるカレーの秘密」は、ブランド論としてのいい事例だと思った。
いかに、「感情移入」が「ブランド化」に重要だということを教えてくれる。

現場に居合わせて、カレーを食べた人は、とっても幸せだったことだろう。
普通のカレーが、あっという間に、世界で一番のカレーになったのだから。

そう、マリナーズのイチローが世界で一番好きなカレーを作った人が作るハウスのカレー。

これはとってもいいエピソードだ。イチローのお母さんも、山形までいって、カレーを作ったのだからすごい。

イチローにも、この話はきっと伝わるんだろうなぁ…。 メモメモ。

検索すると、あったあった!こういういきさつだったんだ。

イチローのお母さんのカレーは、息子の
バッティングスタイルにも似た寸止めの美学が

http://www.president.co.jp/dan/backnumber/2008/20080300/2467/2469/

思わず、こんな授業をおこなう、山形県の東北芸術工科大学企画構想学科に入学したくなった。

また、会社の受付も、呼び出し電話だけだと、客に対して失礼。かといって、受付専任の人を雇うのも大変。
そこで、受付をパン屋にしてしまったそうだ。

これは、かなりユニークを通り越して、それだけで話題になるオフィスだ。

パン屋さんの奥に事務所があるという。

パン屋「オレンジのバイテン」  

港区麻布台1-11-10 日総第22ビル 1F
TEL:03-3560-3725

ボクも思わず、「小山さんと15時の約束で来ました…」とパン屋の受付に言ってみたくなった。

【アイデアの作り方】

「勝手にテコ入れ」とは、頼まれてもいないのに、勝手にプランを頭の中で考える行為

土台は、このままじゃ、もったいないという精神。

もったいないから、もったいある方向へと企画を考えていく。

日光金谷ホテル N35号室 オレンジスイート にも宿泊したくなる。どこをどう、「もったいある」にしたのかがとても気になる。
栃木県日光市上鉢石町1300
TEL:0288-54-0001

日光までの特急列車も企画している。委員会方式でいろんな才能を集めて幅広くアピールしたという。

東武特急スペーシア
http://spacia.tobu.co.jp/

「人情タクシー」という企画もあるそうだ。乗ってみたい!

さらに、空きマンションを有効活用するために、「セコムからの挑戦状」という勝手にテコ入れを披露している。

セコムの社長室の人が読んだら、一度社長と会食しませんか?と誘いたくなるだろう。

いろんなヒントに満ちている。ベネチアの水上タクシーの人のウィンクから、「東京ウィンク」それを東京オリンピック誘致にと…。妄想のブレーキは壊れまくりで面白い。

日常や海外の非日常を、しっかりと企画に活かしている。いや、活かそうとしている。

この妄想力が、「料理の鉄人」や「ニューデザインパラダイス」のような、たかがテレビだけど、見終わった後に、なんらかの知識が得られる作品に仕上がっているようだ。

小山薫堂氏の妄想力を、もっともっと形にしていただいて、いろんな角度から、楽しませていただきたいと感じた。

「考えないヒント」

ホメパト サイト 東京スマートドライバー
https://www.smartdriver.jp/

「おくりびと」の脚本を参考にしたときの一冊が、「お葬式日記」 伊丹十三

こちらも参考までに
http://kunio.sblo.jp/article/12679375.html

滝田洋二郎監督は、ピンク映画出身だったんだ。だから差別される側の立場も描けたのだろう。

映画「おくりびと」に登場する「石文(いしぶみ)」は、向田邦子の「無口な手紙」というエッセイで知った。
「男どき女どき」に掲載されているエッセイ。

絵本となった「いしぶみ」

FM横浜 Futurescape
http://www4.fmyokohama.co.jp/future/
裏ポッドキャスティング 毎回1万ダウンロード

N35
http://www.n35.co.jp/

WebMagazine 一期一会
http://www.ikyu.com/magazine/spcl/essay/start.htm

dancyu 一食入魂
http://www.president.co.jp/dan/pickup/kundou/


2009年04月19日 テレビ東京 ソロモン流「小山薫堂」
テレビノートより

IMG_5459

テレビノートをつけなくても、情報はウェブサイトに…。でもノートしなければ頭に入らないからノートする。
http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/back/090419.html

番組でご紹介した情報
小山さんの会社の受付のパン屋
「オレンジのバイテン」

港区麻布台1-11-10 日総第22ビル 1F
TEL:03-3560-3725

小山さんが顧問を務めるホテル
「日光金谷ホテル」

栃木県日光市上鉢石町1300
TEL:0288-54-0001

小山さんがおすすめするレストラン
「カンテサンス」

港区白金台5-4-7 バルビゾン25 1F
予約・お問い合わせ TEL:03-5791-3715
(ご予約の受付は9:30~11:00および15:00~17:00)

小山さんがプロデュースするたこやき店
「たこやきらぼ」

大阪市浪速区難波中2-10-25
なんばCITYなんばこめじるし
TEL:06-6644-2663

赤坂のお気に入り割烹
「津やま」

港区赤坂2-14-7
TEL:03-3583-2482
※完全予約制です

船越さんが訪れたお店
「東京カレーラボ」

港区芝公園4-2-8 東京タワー内
TEL:03-5425-2900



この記事に関連する記事