395 Views

アル・ゴアからのメール

Dear Toshi,

A few hours from now I will step on stage in Detroit, Michigan to announce my support for Senator Barack Obama. From now through Election Day, I intend to do whatever I can to make sure he is elected President of the United States.

Over the next four years, we are going to face many difficult challenges — including bringing our troops home from Iraq, fixing our economy, and solving the climate crisis. Barack Obama is clearly the candidate best able to solve these problems and bring change to America.

This moment and this election are too important to let pass without taking action.

That’s why I am asking you to join me in showing your support by making a contribution to this campaign today:

https://donate.barackobama.com/goresupport

Over the past 18 months, Barack Obama has united a movement. He knows change does not come from 1600 Pennsylvania Avenue or Capitol Hill. It begins when people stand up and take action.

With the help of millions of supporters like you, Barack Obama will bring the change we so desperately need in order to solve our country’s most pressing problems.

If you’ve already contributed to this campaign, I ask that you consider making another contribution right now. If you haven’t, please take the next step and own a piece of this campaign today:

https://donate.barackobama.com/goresupport

On the issues that matter most, Barack Obama is clearly the right choice to lead our nation.

We have a lot of work to do in the next few months to elect Barack Obama president, and it begins by making a contribution to this campaign today.

Thank you for joining me,

Al Gore

それにしても、米国大統領候補から毎日SPAMがやってくる(登録してるからだけど…)時代ってすごい。しかも、今度は、ゴア元副大統領。彼の講演でのツカミは、「ほんのつかのまだけ、米国大統領だったゴアです」と笑いをとるほど。

info@obama.com から配信されてきたこのメール。

結局、これがまた、ドネーションの要請だったんだけど、クリントンが降りたことにより、ゴア氏が応援につくことによって、ようやくこれで共和党と戦える陣営ができたという筋書き。

しかし、ちょっと遅すぎない?

先週まで、クリントン氏を支援していた人が負けた直後に、オバマ氏につけるんだろうか?ゴア氏もクリントン元大統領の時の副大統領ですから、今まで、なかなか表明しずらかったのでしょう。

「不都合な真実」で株をあげたゴアに対して、米国民は、8年前のあの時、「もしもこの人が大統領だったら…」の思いをめぐらしていることでしょう。

さて、11月までに石油のバカげた高騰バブルが、はじけなくもないので、この先もアメリカの殿様選びには注目。

日本が石油ボイコット運動を一週間やれば、一気にこの石油バブルはなくなってしまうような気がしますが…。結局、アメリカのとばっちりを日本が一番受けている状態から脱出しなければなりません。

石油が枯渇しそうな国が政府ファンドでまるもうけ。これもおかしな図式です。

オバマ氏との夕食会のオークション、本気で参加しておけばよかったかなといま頃少し後悔…。