ニンテンドー3DS は2万5000円、2011年2月26日発売

Toshiaki Kanda 2010年09月29日 水曜日
0 people like this post

< 3DSって名前になるのか…。 2011年の2月と言えば…、すでに各社から小型のタブレット機種がいろいろ出揃って、ゲームハードウェア業界も、あらたなソーシャルとしての「すれちがい通信」に期待って感じかも…。 確かに、電車の向かい側に座っている知らない人と、モンスターハンターで一緒に狩りをするというのは、ある意味すごくリアルなソーシャルゲーム。 すれ違い通信ゲーム機能、iPadでもできそうな気がするんだけど…まだないよね。
速報:ニンテンドー3DS は2万5000円、2月26日発売.

すれちがいを含めて強化された通信機能を示すキーワード『持ち歩く、響き合う、毎日が新しい』。現行DS のすれ通は特定ゲームを起動した状態で待機させなければ使えない、不人気ゲームに厳しいシステムでしたが、今回はスリープ中に複数のゲームのすれ通が可能。

<

DS同士のすれ通に続く新たな通信機能は、Wi-Fi で新着情報を受信する「いつの間に通信」。Wii の Wii Connect
24に近いイメージ。能動的に探してプルする必要なく、対応WiFiエリアで自動的にプッシュ受信が可能。時間がかかる大型コンテンツも「いつのまに」配
信できる。マクドナルドや小売店などにあるDSスポットを、特別な設定なくプッシュを受け取れるニンテンドーゾーンに転換。

3DSでは,ゲーム中にホームボタンで一時停止してほかの本体機能を呼び出すことが可能。

新たに発表された機能は写真からMii を作る「Mii スタジオ」。顔写真を認識してMii に自動変換することで、手動調整も加えて手軽に Mii
を作成可能。すれ通にも対応し、Mii を収集できる。また Mii のデータを
QRコードとして出力することができ、SDカードに画像を保存して紙やウェブサイトに掲載・取り込みにも対応。

また3D撮影可能なカメラで取り込んだ外界の情報を使ったARソフトウェア集「ARゲームズ」を本体にプリインストール。マーカーつきのARカード6枚が付属。

3DSからアクセスするストアも強化。ゲームボーイやアドバンスタイトルのバーチャルコンソール販売。および古典の3D化リメイクを含む3DS専用新作、DSi ウェアも販売。コンテンツはSDに保存・引っ越しできる。

ようやく価格発表。2万5000円・2011年2月26日。一般的に信じられている「任天堂ハードウェアの価格上限」かつ、予告していた発売時期ウィンドウのかなり後ろ。カラバリは『コスモブラック』と『アクアブルー』の2色。

(更新中)

本体サイズは 113 x 74 x 21 mm。重量 約230g。

パッケージ内容は:

  • 3DS本体
  • 専用充電クレードル
  • 3DS用ACアダプタ
  • 伸縮するタッチペン
  • 2GB SDカード
  • ARカード 6枚 (ARゲームズで使用。マーカーがプリントしてある)

および説明書など。内蔵ソフトは:

  • ニンテンドー3DSカメラ
  • ニンテンドー3DSサウンド
  • Mii スタジオ
  • すれちがいMii 広場
  • ARゲームズ
  • 思い出きろく帳

など。

<

<


この記事に関連する記事

Category: gadget
  • 0
  • 205
Toshiaki Kanda