939 Views

図書館の概念を変えた佐賀県武雄市 樋渡啓祐(ひわたしけいすけ)市長 @hiwa1118


中村伊知哉さんが名誉館長の武雄市MY図書館オープン

http://hiwa1118.exblog.jp/13375022/

何かと、佐賀県の武雄市の動きが気になる。

iPadで、図書館から本を借りることができるという時代になったのである。

実質、貸し出し中の本はなくなり、何人もが同時にアクセスできる電子本という構想。

 

何しろ、市長が日本フェイスブック学会兼日本ツイッター学会長というのがスゴすぎ!

佐賀県武雄市長、日本フェイスブック学会兼日本ツイッター学会長の樋渡啓祐(ひわたしけいすけ)です。41歳。1969年(S44)11月18日武雄市朝日町生まれ。趣味は旅行、料理、読書、音楽。タイ/イタリア料理が大好き。延べ40か国、旅しまくり。最近はソウルがお気に入り。2冊目の「首長パンチ」(講談社)を発売中(第4版)。

 

市長のリーダーシップで何でもできるんだといういい事例でもある。

「被災ドッグ(ペット)受け入れ構想」を発表~佐賀県武雄市

とってもアクティブな市長だ

武雄市長物語
http://hiwa1118.exblog.jp/

【重要】武雄タウンステイ構想〜千人受け入れます〜
http://hiwa1118.exblog.jp/13145958/



Video streaming by Ustream

武雄市では、3月11日(金)の震災発生以降、義援金の募集や備蓄物資の提供など、被災者、被災地の皆様への支援にいち早く取り組んできました。しかし、震災後の状況を見ると、被害は想像を絶する甚大さであり、今後、復興までには相当の期間が見込まれます。それを踏まえ、すぐにでも取り組むべきことは、被災者の生活、居住の場所の確保であり、武雄市としても、その支援に市が一体となって取り組みたいと考えています。そこで、被災者の方々の受入体制を整備するため、「武雄市タウンステイ構想」を実施しますので、市民の皆様、関係機関の皆様の御理解、御協力を切にお願い申し上げます。

【ホームステイの受入れ】 
・ 最低2週間以上の受入れ
・ 市長、議員は率先して受入れ

【公共施設、住宅の提供】 
・ 市営住宅
・ 自治公民館
・ 市内の国・県・市の施設、公共的施設、その他受入れ可能な施設

【旅館、ホテルでの受入れ】 
・ 受入れ施設に対しては一定額を公費補助

【学校への児童生徒の受入れ】 
・ 市内幼保小中学校で学ぶ場を提供

【移動費用の助成】 
・ 義援金等を活用し被災地からの移動費用を助成

今回の構想により、武雄市全体で1,000名を受入れ

〔問合せ〕被災者支援課(17日発足)  ☎0954-23-9122

 

  


この記事に関連する記事