287 Views

法案比較サイト govit.com


Google











米国在住の元アップルの外村さんから教えてもらったサイト。

govit.com
http://www.govit.com/

条例などを市民で賛成かどうかを意見交換するサイト。

まさに、これこそ現在の日本に必要なサイトなのかもしれない。

 国民の稀少経済環境下で選ばれた議員たちのみで、法案が制定され、衆議院と参議院の2つのフレームワークの中で、認められるもののみが法律となることが法律の制定条件なのに、「ねじれ国会」などと、揶揄されるのももうすでに変な話ではないかと思う。

国民の代表者を、地域、人口、有権者の3レイヤーだけで選ぶから、いろんな利権がからんだり、地元に対してのサービスという、妙な圧力が常に政治にかかる。

市民参加型の、法案に対する評価サイトがあればどうだろうか?

それぞれの議員が、その法案に対する解説を行い、それに誰もが参加する。
つまり、ネット上の国会が成立することができるのである。

激変する政党の支持率も、結局は、メディアを経て伝わるイメージが大半を占める。

むしろ、政策そのものを一人立ちさせて、政党としての意見ではなく、議員一人一人の政策やディベート力を見せてほしいと思った。

もしくは、市民が議論している法案を参考にして、国会に持ち帰って反映してもらいたいくらいだ。

一度、国会議員となった人たちは、次回も当選させてくれる、地元のためではなく、本当に国のためにはたらくべきである。

また、国は、国会議員が国のために働けるための開かれた場所をそろそろネット上におくべきではないだろうか?

ぜひ、govit.com のようなサービスを提供し、民意を反映できるオルタナティブな法案検討の機会を作ってほしい。

たが、「ねじれ国会」などで、法案が決まりにくくなっている。