『0570ナビダイヤル料金タイマー』作りました!

20秒ごとに、10円…いや、消費税をいれると11円と、電話かけ放題のプランを契約していても、NTTコミュニケーションズから実費請求される。

そこで、20秒ごとに、いくら請求されるかがわかる『0570ナビダイヤルの料金タイマー』を作ってみた。

#0570ナビダイヤル料金タイマー

※0570につながったら、ブラウザをリロードください!

0570ナビダイヤルに電話してから が、経過しました。
20秒おきに11円、つまり1分おきに33円が『かけ放題』の人にも課金されています。

現在、ナビダイヤルに円かかっています

12分以上(720秒)の396円かかるならば、050Plus 月額330円を検討してみてください。

050Plusならば…
現在、050Plusであれば円かかっています
ナビダイヤルならば180秒ごとに8.8円の課金となります。月額330円の利用料がかかるので、12分(35.2円)が損益分岐点(35.2円+330円=365.2円)となります。

■電話をかける度に、NTTに時給1,980円も支払っていた『ナビダイヤル』

たとえば『20秒ごとに10円』ならば、20秒ごとに11円。1分で33円、12分で396円、30分で990円、60分で1,980円、消費税込みで発生している。

つまり『ナビダイヤルをかけている人は時給1,980円も支払って相談している人』なのだ。このことを知らない人が実に多すぎる。

ヤフーニュースにも寄稿しました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20210630-00244285/

『ナビダイヤル』は時給1980円?
ワクチン接種の予約電話 12分以上ならば050Plusに

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20210630-00244285/

 

以前のコードはこちら… なぜか動きませんでした。

function myFunc()
{
document.myForm.myFormSec.value = myCnt + “秒”;
document.myForm.myFormYen.value = ( (Math.floor(myCnt/60)*33) + 33) + “円”;
myCnt = myCnt + 1;
}

// setTimeout(myFunc, 1000);
}
setTimeout(myFunc, 1000);
//
が違ってたようですね。
永山さん、ありがとね!

0570に電話してから 秒経過しました。

20秒おきに11円、1分おきに33円課金されています。
現在、円かかっています

 


※時給1,980円÷60分=33円で、1分経過するたびに加算していくスクリプト
( (Math.floor(myCnt/60)*33) + 33) + “円”;

※20秒おきに11円加算していくスクリプト

参考スクリプト

経過日数を計算

[Javascript] 経過時間や経過日数を計測する方法(getTime)

この記事に関連する記事