1,537 Views

137億年の物語 このたったの200年で地球は燃え尽きようとしている?

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

 

宇宙が始まってから137億年。
地球の歴史は46億年。
人類の歴史は10数万年。
西暦始まってから2014年。

10数万年前の人類誕生から18世紀の産業革命までの間、人口の絶対数と増加率はほんのわずかだった。しかし、それからのたった200年間は垂直に近い勢いで増加。

世界の人口70億人(2011年10月31日突破)です。
11年後の2025年に80億人
そして2050年には91億人に達する

エネルギーの一人当たり使用量の推移を見ると指数関数的に増える一人当たりのエネルギー消費量と、それ以上に急増する世界人口を掛けて得られるエネルギーの総消費量は、人口増加の更に指数倍。
その結果、有限の地球が悲鳴を上げることになりました。

 

http://www.dipro.co.jp/news/2010/08/index.html

 

137億年の物語
http://www.tv-tokyo.co.jp/137/index.html
http://www.tv-tokyo.co.jp/137/backnumber/130414.html

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事に関連する記事