21 Views

人生に必要な2億円を最速で稼ぐ方法

目次

  1. □一億円で売れる会社を2社作る
  2. □5000万円で売れる会社を4社?
  3. □むしろ10億円で売れる会社を5人で作る
  4. □自分の得意を見つけることが、とても重要
  5. □好きなことよりも、苦労しないで人よりもできること。時間を忘れて没頭できること
  6. □何をしている時が一番楽しく、人の為になるか?人の為になることは、マネタイズが可能

□一億円で売れる会社を2社作る


一億で売れる会社は年商2000万円×5年のデューデリジェンス
毎月166万円のARPU 
500円のサブスクリプションならば、3333人のメンバーシップ。

□5000万円で売れる会社を4社?

□むしろ10億円で売れる会社を5人で作る

一人2億円で一緒
5人いれば自分の得意分野に専念できる。

□自分の得意を見つけることが、とても重要

□好きなことよりも、苦労しないで人よりもできること。時間を忘れて没頭できること

□何をしている時が一番楽しく、人の為になるか?人の為になることは、マネタイズが可能

2億円のキャッシュがあれば4%運用で年間800万円の利息

2億円は、年収500万円のサラリーマン40年分の労働時間
1万5000日分 、35万時間の自由

まずは、新たなファイナンス思考をサラリーマンのお父さん、お母さんにインストールする必要がある。

そこから家庭で教育。
親の為の学校である必要もある。

時間のあるシニアと孫のチームも、ありだ。

孫と一緒に会社を経営し、家賃ローンを会社に賃貸部分で減税

家族のイベントや旅行は経費で落とす。

日本の税制も同時に勉強てきる。

一番損をしているサラリーマン家庭を、15歳以上の社長に投資し、家族経営の会社で防衛。

家族事業から、雇用を創出。

事業を継承、売却、自動運転で、次の事業を考える。

それが、『ファイナンス小学校』

こども、親、おじいちゃん、おばあちゃんの三世代で防衛できる生活を基盤としたファミリービジネス

消費で終わる時代から、ファイナンスを学び、お金の技術とお金に働いてもらう生き方。

この記事に関連する記事