リスボン 街全体がアートする街

ヨーロッパに来て思うんだけど、自分の写真の腕が急に上がったような錯覚にさせてくれるくらい。街全体がフォトジェニックだ。

 

先進国ばかりで、物価高なイメージなヨーロッパの中でも、ポルトガルだけは、進化がそのまま止まってしまったのかと思うほど…。

 

30年ぶりのポルトガルでも、何も変わらない部分が多い。変化しているのはインターネットとスマートフォンくらいだ。しかし、毎日の生活は、カフェではじまり、カフェで終わる。

かつては、平日の昼間っからビールをのんでいる人を見て、この人達はどうやって生活しているんだろうと思った。

 

まさに、自分がいまそんな状態である。

このリスボンでは物価が安いので、あくせく働かなくても、十分に生活ができる。

インフレとは無縁だったからこそ、継承される文化がある。

 

f:id:knnkanda:20190123201712j:plain

ヨーロッパの基本的な、石畳の町並みに、カラフルな建物。

f:id:knnkanda:20190123205542j:image

街中に突然現れるグラフィティアート

 

f:id:knnkanda:20190123205819j:image

坂道を駆け上るチンチン電車

 

f:id:knnkanda:20190123205701j:image

洗濯物までが計算されたアートに見えてくるから不思議だ。

 

焼き物のインテリアに飾られた町並み…。

f:id:knnkanda:20190122201945j:plain

 

f:id:knnkanda:20190123205903j:image

もちろん歴史的な建造物もたくさん

 

f:id:knnkanda:20190123205947j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事