円高、円安わかりにくいのでやめませんか?ドル高、ドル安でいいんですけど…

Toshiaki Kanda 2019年02月01日 金曜日
0 people like this post

f:id:knnkanda:20190201201516p:plain

 

 

円高と円安がわかりにくいのは、円のことではなく、ドルの価値を円で表現してるから。

だったらドル安ドル高でそれを円表記すれば誰にも理解できる。 #億兆電卓

 

ドルのことを円で表現するからややこしいだけ!

1ドル110円が、108円になると、ドルの価値が減るので、『ドル安』です

1ドル110円が、113円になると、ドルの価値が増え得るので、『ドル高』です。

 

ドルの価値を『円』で説明しているのに…

それを『円高』と言い出すからややこしい。円高円安やめませんか?

 

今日から (昨日と比べて)

『1ドルの価値が高いドル高円安』

『1ドルの価値安いドル安円高』


で覚えましょう。

f:id:knnkanda:20190201202733j:plain

 

 

しかし、昨日と比較すると、日々変わりますが、長期的に見ると、ドル高、ドル安 はもう大した差ではありません。

 

f:id:knnkanda:20190201202918j:plain

 

 

いっそのこと、平均値の110円あたりで、また、『固定相場制』にするのはどうでしょうか?

かつては、米国と日本では、360円の固定相場制でした。

 

□戦後、アメリカのドルは国際的な基軸通貨となりますが、ドルは金と交換できることが保証されていました。これが金本位制です。ドルは金と「兌換」(だかん)できる紙幣なので「兌換紙幣」でした。(兌換:常に金と一定量で交換できること)
□そして、固定相場制を採用し、その制度をブレトンウッズ体制と呼びました。この固定相場制は有効でした。なにしろ為替レートが安定していたので混乱がなかったのです。
□このブレトンウッズ体制は、各国の内情の変化の波(アメリカの貿易相手国の間で経済力に差がでてきたこと)をうけて、およそ25年の歴史に幕をおろします。1971年のことです。

https://news.vesta.onl/2016/05/02/lifestylemoney/

 

 

いっそのこと、1ドルは110円で固定してくれたほうがメリットあるのでは?
かつては、360円の固定相場でした。
その方が外国株も互いに買いやすいはず。

ユーロはどこもほとんど一緒なのでヨーロッパの物価をとても比較しやすい。

結局は、同盟国なんだから、米国と連動させるのは悪くないと思うのですが…。

 

つねに、Googleで質問されている…
『円高 円安 違い』

www.google.com

 

しかし、答えがむずかしい…!

kou.benesse.co.jp

 

www.facebook.com

 

 

 

 

この記事に関連する記事

  • 0
  • 13
Toshiaki Kanda

KNN