寿司教室 握り方のポイント すしざんまい 喜代村塾で学んだ事

www.youtube.com

 

この『寿司教室』、朝からお昼までで、かなり握り方や、魚の捌き方の初歩の初歩が学べる。

 

日本人のたしなみとして、一度でもマスターしておけば、米とお酢と出汁さえあれば、世界のどこにいっても、なんでも握れる。

 

手巻き寿司ではなく、寿司が握れるという事

 

寿司が握れるだけで、日本人としての自分の中の『所作』や『格』が一段あがったような気になれる。

これは日本人として、中学生の必修科目にしてもよいのではないだろうか?

 

そのうち、外国人の観光客のほうが寿司の握り方がうまくなりそうです。

 

まずは、ボクにだまされたと思って、一度トライしてみてください。

絶対に後悔しません。

この講座に行くと、次回、寿司屋さんにいくと、ネタよりもシャリに興味がでてきますよ。

そして、『すしざんまい』に行ってこの話をすると、板前さん乗ってきてくれます。だってお弟子にあたるわけですからね。

 

喜代村塾

すしカルチャー講座

★実習のポイント:「シャリの切り方」「鯵の卸し方」 「巻物の作り方」「握り方」
食材の仕入れ状況により、メニューが異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
*定員:32名
*原則として、毎月第2・4土曜日/10:30~13:30の開催です。

  参加費用 1回/4,500円(材料費、税込)

  会場 喜代村塾調理実習室
東京都中央区築地1-7-10築地オーミビルB1
交通:日比谷線築地駅/東銀座駅より徒歩5分、 大江戸線築地市場駅より徒歩10分

http://www.kiyomura.co.jp/school/school_menu_04.html

 

 

 

 

f:id:knnkanda:20190216223445p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事