ブロッコリーは低温蒸しでスルフォラファン #この差 #TBS

 

 

f:id:knnkanda:20190224170411p:plain

活性酸素対策にブロッコリー

ブロッコリーを、低温で蒸すことによって、スルフォラファンの抗酸化作用やうつ病予防や再発防止に効果的とか…。

 

f:id:knnkanda:20190224170245j:plain

スルフォラファンの元の成分

スルフォラファン (sulforaphane) とは、ブロッコリーに微量含まれるフィトケミカルの一種。体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スルフォラファン

 

 

f:id:knnkanda:20190224170323p:plain

 

 ブロッコリーなどの野菜に含まれる化合物「スルフォラファン」に、うつ病の発症抑制の効果があることを、千葉大学の研究チームが突き止めた。

スルフォラファンとは、フィトケミカルの一種で、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれている。ピリッとする辛みのもととなる成分で、抗酸化作用や解毒作用があり、がんなどのさまざまな疾病の予防効果が報告されている。

http://www.dm-net.co.jp/calendar/2016/025862.php

 

 

 

f:id:knnkanda:20190224165628p:plain

 

ブロッコリーとアーモンドのコンソメソテー

f:id:knnkanda:20190224165716p:plain

1.一口サイズに切ったブロッコリーをふたを開けた状態で蒸す 中火で10分の低温蒸し

※ブロッコリーの酵素は水に溶けやすく熱に弱いため

2.ツナ缶 (1缶)赤唐辛子 (1/2)を コンソメ(大さじ1/2)でソテー 

3.カルボナーラの具として、溶き卵とあえる

 

 

 

老化防止に #低温蒸し #ブロッコリー
#スルフォラファン#活性酸素を 除去
ブロッコリーとアーモンドのコンソメソテーで作るカルボナーラ
#この差 #TBS

 

〇「老化防止」に効果的な「冬野菜」は、「ブロッコリー」
「ブロッコリー」だけ、「老化防止」に必要な「スルフォラファン」がある。「スルフォラファン」は、体内の活性酸素を取り除くので、「老化防止」を防ぐことができる。さらに「肝機能障害の抑制」、「花粉症の抑制」、「肥満の抑制」にも効果的。
ただし「茹でる」のはダメで、「低温で蒸す」のがオススメ。「スルフォラファン」の元の成分は、咀嚼などをすることで細胞を破壊され、2つの成分が合体することで、「スルフォラファン」が生まれる。この元の成分には弱点が2つある。ひとつが「水に溶けやすい」。茹でることでお湯の中に流れでてしまう。そして「高熱で壊れる」。高温で蒸すことにより、成分が失われてしまう。

〇さらに「老化防止」に効果的な食べ方は、「アーモンド」と一緒に食べる
食べ方によって「老化防止の効果」がより高まる。その食べ合せは、「ブロッコリー+アーモンド」。「アーモンド」には、活性酸素を除去する「ビタミンE」が多く含まれている。つまり、「ブロッコリー」と「アーモンド」がもつ「体内の活性酸素を取り除く効果」のダブル働きにより、より「老化防止」を防ぐことができるといえる。

https://www.tbs.co.jp/konosa/archive/20190219.html

 

 

この記事に関連する記事