映画『サヨナライツカ(2010年)』誰に一番、感情移入できるかで浮気か本気かがわかる映画

Toshiaki Kanda 2019年03月22日 金曜日
0 people like this post

f:id:knnkanda:20190322091900p:plain

中山美穂 西島秀俊 石田ゆり子

監督: イ・ジェハン

amazon primeで視聴可能

https://amzn.to/2FsN2XD

 

2019年3月21日

https://www.asmik-ace.co.jp/lineup/2179

 

【映画】『サヨナライツカ』
誰に一番、感情移入できるかで浮気か本気かがわかる映画。

仕事ができて、モテるオトコならではの悩み…。
西島秀俊 がハマリ役。
いや、中山美穂が迷惑すぎるだけなんだけど…。
実は、純粋だったんだ…な感じで、最後は胸キュンで終わる…。
石田ゆり子の結婚前の行動も大胆。

愛する人とのはざまで感情が揺れ動く…。
熟年離婚とかも十分にありえるから…。

しかし、手に入らない『愛』だったからよかったというケースはよくある。
不倫の関係は萌えたけど、不倫の関係でなくなった時点で冷めてしまう。

想い出に恋しておくことがいちばん美しいのかも…。

 

カメラのカットがとても美しい。
音楽も良い。

中山美穂の元・夫の辻仁成の作品での出演だから、なんだかこの映画のいわくを物語る。

2002年に結婚、この映画の公開後の 2014年の離婚。

中山美穂の映画は1997年の『東京日和』以来の13年ぶり。

https://ja.wikipedia.org/wiki/中山美穂

 

中山美穂の老けた感じはとても良かったが、西島秀俊のメイクは興ざめ。

しかし、両者の手のひらのシミは見事…。逆に西島のメイクやかつらが不自然で目立つ。

 

長年、双方に惹かれ合いながらも、数十年の時を経て、出会うが、もう手遅れ。

もしも、西島秀俊が、石田ゆり子を捨て、中山美穂に走っていたならば…ということも想像する。浮気はやはり浮気で、自分のものにならないから、いつまでも美しい思い出でとっておけたのかもしれない。

 

もしも、あの時、この人と結婚していたら…は、ニコラス・ケイジ主演の『天使のくれた時間 The Family Man(2001年)』がおすすめ。

 

 

https://www.amazon.co.jp/サヨナライツカ-中山美穂/dp/B00IU7VTFA/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=サヨナライツカ

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事

Category: 恋愛, 映画
  • 0
  • 48
Toshiaki Kanda

KNN