最近のNHKは、攻めてる番組が多い『#突撃カネオくん』#グルーエン効果

f:id:knnkanda:20190414095337j:image

突撃カネオくん

お金にまつわる経済情報バラエティ番組。

 

カネの話を、がま口財布のキャラクターが、縦横無尽に切り進んでいってくれる。

 

カネオスコープ でモノの価格を可視化する。

f:id:knnkanda:20190414101333j:image

 

単に値段をフリップで表示するだけでなく、こんなスコープで見ることによって可視化できると言うメタファー構成が非常にうまい。

 

f:id:knnkanda:20190414101436j:image

 

f:id:knnkanda:20190414101441j:image

 

電卓付きの望遠鏡みたいな、おもちゃも作れそうだ。

 

詰め放題 という名の広告効果

 

新聞広告を止めて代わりに詰め放題と言うサービスに転換したお店がはやっている。

詰め放題と言うイベント性が、実際にその店舗に出向く意味も見せている。

 

f:id:knnkanda:20190414102244j:image

f:id:knnkanda:20190414102304j:image

 

年間だと

50週ある。チラシの原価コストは、2.5万円

年間135万円。

原稿やレイアウト、校正の時間を考えると、詰め放題の方がオペレーションは、楽チン!

 

f:id:knnkanda:20190414102401j:image

 

f:id:knnkanda:20190414102511j:image

 

f:id:knnkanda:20190414102526j:image

 

f:id:knnkanda:20190414102543j:image

 

 

グルーエン効果

 

詰め放題の赤字を解消するのが、グルーエン効果

□グルーエン転移(またはグルーエン効果)という概念がある。ショッピングセンターなどで、建物内が混乱に満ちているほど、消費者の衝動買いが増えるという現象を指す。やたらに音楽をかける、「セール中」「限定品」「今なら特典付き」などのサインを多く表示する、レイアウトを複雑にする、等々だ。

欧米で大規模なショッピングセンターの設計を多数行なった、オーストリア出身の建築家、ビクター・グルーエンの名にちなむ。

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO91073740Y5A820C1ENK000?s=2

 

 

f:id:knnkanda:20190414102824j:image

 

f:id:knnkanda:20190414102837j:image

 

f:id:knnkanda:20190414102900j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事