AKB総選挙のなんともいえぬ違和感…。第6回AKB48選抜総選挙 AKB48 37thシングル 選抜総選挙

Toshiaki Kanda 2014年06月08日 日曜日
0 people like this post

AKB48 37thシングル 選抜総選挙 ※別名:第6回AKB48選抜総選挙
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/

2014/06/07、味の素スタジアムで開催された。7万人の観衆を雨の中で集め、フジテレビでも実況枠は、17:00-23:10の約6時間(実質約5時間)に及んだ。

 しばらく順位発表を見ていたけれども、フォーマットは選挙速報そのもの。そして、彼女たちのトークによるプレゼンテーション。誰ひとりとして、汚れキャラがおらず、清廉潔白な純粋なアイドル像を演じきっている。
 20歳を越えても、中高生の、乙女のような涙を流しながらの幼すぎるコメント。
秋元康の描いた、アイドル像を見事に演じきっているように思えてならない。

みんな、50過ぎのオッサンの描いた歌詞同様の世界に踊らされていることに気づかなければならない(笑)

そもそも、AKB総選挙の目的は…、

http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/about.php

「AKB48の37枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計5グループ総勢80名を、ファンの皆様の投票によって決定します」

たった、それだけの為に、土曜日のフジテレビのゴールデンタイム枠を6時間も独占しているのだ。視聴率はどれくらいとれているのかは、週明けにはわかることだろう。
ちなみに、昨年の第5回は、平均世帯視聴率は、20.3%(関東地区)。一昨年の第4回は、18.7%だった。

もはや、AKB関連グループが国民的アイドルであることは、間違いない。放送局もAKBやEXILEがくるだけで、大部屋の楽屋はすべて埋まってしまう。移動も宿泊も食事もすべて効率が悪い。全員が唱うとなると、それだけのマイクの用意も、必要で着替えの数も尋常ではない。

それでも、AKBが支持されているのは、この選挙方法にも見られる、形式上の民主主義効果なのである。

投票権
  • ①AKB48公式ファンクラブ「二本柱の会」会員
  • ②AKB48 Mobile会員
  • ③AKB48 公式スマートフォンアプリ会員
  • ④AKB48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
  • ⑤AKB OFFICIAL NET会員 
  • ⑥SKE48 Mobile会員
  • ⑦SKE48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
  • ⑧NMB48 Mobile会員
  • ⑨NMB48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
  • ⑩HKT48 Mobile会員
  • ⑪HKT48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
  • ⑫AKB48 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」
     初回限定盤/通常盤/劇場盤CD封入 投票シリアルナンバー
投票期間
2014年5月20日(火)10:00 ~ 2014年6月6日(金)15:00
37thシングル 発売日2014年8月27日(水)
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/about.php

 

すべて、AKB会員や投票シリアルナンバーなどの商材を購入したものだけに投票権利がある。そして、投票期間と開票日が設定され、シングルの発売日まで決定している。

すべて、自分たちの投票行動が、8月27日(水)のシングルに結果として反映されるのである。1人が一投票でないだけに、どれだけデータ集計を第三者機関や弁護士の監視を入れたとしても、複数投票できる段階で民主的とはいえず、票を買える仕組みを想定されているのである。

データ集計・開票方法

例年通りAKB48に関連しない第三者機関に集計を依頼し、
弁護士による監視の下、厳正なる開票を行います。
開票当日は、弁護士の最終確認を終えた順位ごとの用紙を封筒に入れ、弁護士による割印を押します。
その後、会場にて皆様の前で司会者が開封致します。

1人が複数購入し、複数投票したものを厳正に開票しても厳正とはいえないだろう。しかし、これは選挙であって選挙ではないからかまわないのだ。
「選挙」というフォーマットを活用したセールスプロモーションだからだ。

形式上の民主主義であるといっても、制作者側とのコラボレーションであることには替りがない。決定プロセスに、購買者であるユーザーが、介在できる事が最大の特徴である。

プロセスに参加者を取り込むことこそが、最大のプロモーションになることを見事に、AKB人気が物語っている。

しかし、このフォーマットもすでに6回目になる。センターが決まってシングルが発売され、またその繰り返し…。それほど、このフォーマットは何十回とは続かない。

むしろ、手を変え、品を変え、純粋な少女アイドル像を、オトナになりきらない男子が追い求めている限りこの商法は変わらない。

おニャン子ブームを手がけ、おニャン子ブームの終焉を知り、おニャン子ブームを模倣した「モーニング娘。系」をながめてからのAKBだ。

オトナになりきらないプロデューサーの少女願望には、違和感を感じざるをえない。

その最大の理由は、そんな男子の心をギッチリ掴んでいるのは、AKBではなく、AKBの皮をかぶった秋元康プロデューサーだからだ。

プロセス手法が出力される結果よりも重要という世界観がここには存在する。また、ユーザーが人気投票で作品に口を出せるという方法であれば、今後はAKB株を公開し、自由に売買し、AKB通貨を作って、コンビニで商品で引き換えられるなんてプロモーションも可能だろう。

あくまでも、AKBは総合エンターテインメントのプラットフォームの一コンテンツなのである。

彼女たちが、卒業した後にどんな人生を歩んでいくのか?できれば、そこもプロデュースしてあげて欲しい。

秋元さんの懐には、162億8,000万円分の印税がはいるけれども、秋元康さんの夢を演じつづけた彼女たちの将来にも再投資すべきではないだろうか?

AKB 162億8000万円 歌手別トータルセールス 2011年 秋元康さんの年収はいくらになるんだろうか?

 

 

Category: typepad
  • 0
  • 457
Toshiaki Kanda