783 Views

最初は観客たった7人からの AKB結成10周年

AKB48が、グループ結成10周年を迎えた。東京・秋葉原のAKB48劇場では、現役と卒業生を合わせた総勢171人のメンバーで「AKB48劇場10周年記念特別公演」を開催した。月刊AKB48グループ新聞に執筆中のアイドル発掘・応援総合情報サイト「スクランブルエッグ」の岡田隆志編集長は10年前、AKB48の劇場初公演を観客7人のうちの1人として目撃した。「関係者含め客席に約70人。だから決してさみしい雰囲気ではなかった。ただ見渡すと一般ファンらしき人は確かに数人だけでした」と振り返った。公演前日の関係者向けリハーサルを見て「これは初日も見ておかないと」と1000円の着席チケットを購入。「素人が、とにかく一生懸命に歌って踊っていました。その姿に観客も応援しよう成長を見守ろうと、自然に思えてきた。未完成の段階から見せていく戦略が、人を引き付けました」。

情報源: 観客7人から新伝説 AKBはアイドル界の黒船 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

http://ameblo.jp/akihabara48/entry-12103488689.html
http://ameblo.jp/akihabara48/

純然たる観客が7人からスタートというのが伝説となる。

最初はそんなところからスタート、誰もここまでの成長は考えていなかっただろう。
歌詞を見ればみるほど、秋元康さんの乙女力の妄想力に恐れ入る。

きっと、昭和時代の感性のアイドルの女性を男性は、永遠にずっと追いかけているような気がする。

AKB48には、秋元康さんの代弁者ではなく、自分たちの本音を今度は歌ってみてほしい気がしてならない。男性のイメージするアイドルではなく。現代の女性の代弁者になってほしい。

この記事に関連する記事