766 Views

空水両用ドローンのサンダーボール作戦?ラトガーズ大学 水中ドローン

水中では、電波が飛ばないということをはじめて知った。そんなものなのか…。なぜ、水中では電波が飛ばないのか?
潜水艦のリモコン操作ってどうやって動いているのか?
ドローンが進化することによって、人間の行けないところへどこへでも行けるというのは良いことだ。

しかし、まだ物理的な風速によって飛行することには変わりない。音がしない、うるさくない、安全、まだまだ解決すべきベクトルはたくさんありそうだ。
少なくとも、夜間の水中を自由自在に撮影して進むことができるだけでも、未来のドローンになる気がする。

空中だけではなく水中での機動にも優れたドローンをラトガーズ大学が開発しました。アメリカの海軍研究事務所がその有用性に目をつけて、予算を提供しているそうです。
今のところ、水中までは電波がうまく飛ばないため、ドローン本体は有線で接続されていて、無線操作時は電波ではなく音波パルスを用いる方法が考えられています。来年夏にはプールだけではなく、海水でも潜水できるものに改良していく予定があるとのことで、このバージョンアップ時にはカメラやソナーといった装備が海軍から支給されるものとみられています。
http://gigazine.net/news/20151207-waterproof-drone-submarine/?utm_content=bufferf6455&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

Navy Funds Rutgers to Develop Drone Equally Adept at Flying and Swimming
http://news.rutgers.edu/research-news/navy-funds-rutgers-develop-drone-equally-adept-flying-and-swimming/20151022#.Vmehc-OLSV4

This Waterproof Quadcopter Is Also a Submarine
http://www.popularmechanics.com/flight/drones/a18419/waterproof-drone-transforms-from-quadcopter-to-submarine/

landscape-1449252396-underwaterdrone