352 Views

amazonのまとめ配送による二酸化炭素の排出量削減

スポンサーリンク

期日指定で、まとめ注文、在宅時にamazonポイント還元。
これだけで、運送によるコストが低減できる。
また、自分の住所に向かった瞬間にメールやサイトに次に向かっていますと連絡が来れば、不在時の宅配を防げるのかも…。
不在伝票を書いて投函するにもコストが発生しているのだから。


❏「営業用のトラックの年回排出量の1%、つまり約42万トンの二酸化炭素がばらまかれている」「再配達にかかる時間は年間約1.8億時間、年約9万人の労働力に匹敵する」「宅配便の労働力の不足が表面化してきており、このまま宅配便サービスを持続することができるのかという懸念がある」サービス大国の日本だからこそ、再配達というサービスが当たり前のようにスタートしたものの、この再配達というサービスがとんでもない社会問題となっているのです。

情報源: amazonはバラバラ発送をやめるべき!宅配便の再配達がもの凄い経済損失に…MOFU’sアフィリエイト

この記事に関連する記事

スポンサーリンク