三井住友が発行する Amazon マスターゴールドカードの年会費を激安にする方法!リボ設定でリボ払いにしない高額設定にあり!Amazon Primeも自動で付属してくる!

Toshiaki Kanda 2020年03月09日 月曜日
0 people like this post

三井住友が発行する Amazon マスターゴールドカードの年間会員費を激安にする方法!

AmazonPrimeの年会費は2019年から1000円上がって、現在は、年間4900円(税込み)だ。
三井住友のAmazon MASTER GOLD CARDは年間1万1,000円(税込み)。しかし、あること設定すると半額の5,500円となる。その差はなんと600円のみ。しかもamzonの買い物から2.5%のポイント還元が得られる!その損益分岐点は600円の2.5%ポイント還元で、年間2万4,000円だ。

まず、 年利15%リボ払いの怖さを知ること!


『リボ払い』ほど無駄な事は、普通の人は理解できている。それでも、銀行や金融機関が『リボ』をすすめるのはそこから毎月利息が生まれるからしかも『マイ・ペイすリボ』ならば実質年率15.0%が取れるのだ。これはおいしい!カードローン並の利息だ。しかも利用している人にはなぜか借金の感覚がない!
いやいや、クレジットカードはすべて借金です。それをわかった上で利用しなければなりません。
うまく利用すれば、来月まで借金ができた上で、ポイントやサービスが受けられるからだ。

リボ払いで契約するけれども150万円以上からリボ払いに設定する

まずは、『マイ・ペイすリボ』に申し込むことで、ゴールドカードの年会費をおさえる。年会費がそれだけで半額になる。なんといっても、コツはリボ払いにしても、適応されない金額の『リボ払い』設定をすること!
『マイ・ペイすリボ』を最高の150万円に上げることによってリボ払いを契約しつつ、リボ払いの手数料が取られない契約にすることができる。
これによって、amazonで、150万円以上の買い物をしなければ、年間手数料が半額となる。この設定をしたら必ずサポートセンターにも確認の電話を入れよう。レビューにもよくあるが、その設定を間違う人がおられるとまんまと『マイ・ペイすリボ』の餌食となるのだ…。怖い!

私は間違って理解していて最初1万円と設定し、そのままにしていました。そうすると、毎月1万円+利息を支払い、それ以上の使用金額は自動的に三井住友に「年率15%もの借金」をすることになってしまいます。支払時は常に一回払いを選択していてリボ払いは一度も選択したことがありません。しかしながらマイ・ペイすリボのしくみ上、自動的に「借金」をさせられていることになります。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1U8YM0KV3PA8R?ASIN=B0092VB6VK

必ず、『マイ・ペイすリボ』設定したあとには、『ゴールドカード』のサポートセンターに連絡し電話でも確認しておこう!

ゴールドポイントのゴールドデスクに電話をすると…。

ウェブでは、面倒な「マイ・ペイすリボ」150万円以上の登録も「WEB明細書サービス」にも登録もお願いします!で完了してしまった!

0120-498-012 のゴールドデスク! この電話一本の解決には価値がある。

自動案内が流れるが、そのまま「7」を押すと待つことなく人が出てきてくれる!この速さはありだ! 9:00−17:00 (12月30-1月3日以外)
設定も実は、サポートセンターの担当によってはやってくれてくれたりする!常に確認することは重要です!

amazonの買い物で、2.5%のポイントバックとAmazonプライム年会費(4,900円)が付属の Amazon Masterゴールドカード(1万1,000円)でトクする損益分岐点は、月額2,000円以上

amazon master gold card

Amazon Mastercardゴールド の特典は最大2.5%のポイントバックとAmazon prime が自動付属 つまり 4900円が不要!となる。
https://amzn.to/2PYGOmZ
amazon.co.jp以外では1%のポイントバック。
基本的に支払いに関してはすべて三井住友カードのVpass経由となる。


年会費 11,000円 (税込み)は、リボ払いによって、半額5,500円となる。

現在、amazon prime の年会費が、4,900円(税込)なのでその差は 600円!2.5%のポイント還元があるので、年間でamazon.co.jpで2万4,000円以上お買い物するならばこちらのほうがおトクとなる。

つまり、amazon prime の年会費と Amazon Master Gold Cardとの年会費との差は600円! 2万4,000円以上(月間2,000円)のお買い物(2.5%のポイント還元で600ポイント)であれば Amazon Master Gold Cardを持つメリットがでてくる。

これはamazon primeの年会費が3900円から4900円と1000円上がった(2019年5月)けれども、 Amazon Master Gold Cardの年会費と『マイ・ペイすリボ』のしくみが据え置きだからこのほうがお得となっている。

2019年よりも、Amazon Primeが値上がりしたことによって、Amazon Gold Cardの使い勝手がよくなった。ポイントも2.0%から2.5%へとアップされている


2015年の『AmazonGold Card』の記事

ボクが、Amazonプライム会員より有料の年会費1万800円のAmazon Gold Cardを選んだ理由
https://4knn.tv/amazon-gold-card/

この記事に関連する記事

  • 0
  • 816
Toshiaki Kanda