282 Views

高級車レンタカーのanyca(エニカ)シェアリングエコノミー 個人間カーシェア

スポンサーリンク


東京海上日動 DeNA などのサポートで高級車の個人間共有サービス
https://anyca.net/

レンタカーサービスとちがって、在庫を持たない…店舗を持たない…スタッフを持たない…。
カーオーナーの使っていない時間帯を、レンタルする。カギの受け渡しも会員同志。
支払い部分だけを手数料管理。
事業者は、株式会社ディー・エヌ・エー
2015年9月9日にDeNAが始めた、自家用車を個人間で貸し借りするカーシェアリングサービス
「Anycaでのカーシェア収入は、所得税法上、雑所得に区分される所得」で「Anycaでのカーシェアは共同使用であり、自動車運送事業として行うことを禁止」
シェエリングエコノミーの最大の敵は、いろんな規制だ。その規制におさまる立て付けが一番ビジネスの重要さ。

それと同時に、貸し手の育成が一番重要、そして、貸し手が増えると、借りてが増えて、円滑に回り始める。それと同時にトラブル解消能力の経験値が他の参入者との徹底的な差別化となる。そして、法律と既存産業の抵抗など。この4つの成功要因が必要だ。

iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/anyca/id982410763?mt=8
Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.dena.ride&referrer=utm_campaign%3Dweb_pc_top_hero%26utm_source%3Dpc%26utm_medium%3Dweb

anycaのしくみ

❏プラットフォーム手数料として、使用料の10%をカーオーナーから徴収
ユーザーは価格をanyca(エニカ)に支払う。

❏DeNA からオーナーへの料金の支払いは、ご登録頂いた銀行口座への振込で行います。振込タイミングは、クルマのシェア完了日の翌日が n月の場合、n+1月 の最終営業日となります。

❏クルマの受け渡しは、受け渡し時に本人確認をして頂くために、オーナー・ドライバーで対面で行って頂くことを原則としております。両者にとって都合の良い場所・時間をチャット等で相談して決めて頂けたらと思います。

❏Anycaでクルマをシェアする際には、ドライバーが東京海上日動の1日自動車保険(車両補償付きプラン;1日1,500円(13ドル))に加入して頂く仕組みとなっております。そのため、オーナーの任意自動車保険を使っていただく必要はございません。

https://anyca.net/agreement_pdf?begin_date=2016-04-01

Anycaは、2015年9月9日にDeNAが始めた、自家用車を個人間で貸し借りするカーシェアリングサービスだ。一般のオーナーが所有するクルマを使わない間に、他の人に貸し出すシステム。

利用方法はまずクルマを借りる側(利用者)と貸す側(オーナー)が、スマートフォンのアプリを利用しそれぞれ事前に会員登録を行う。オーナーはクルマの写真を掲載したり、シェア条件を細かく提示したりできる。どちらも登録料は無料だ。次に利用者はスマホのアプリで貸出車両の検索や予約を行い、オーナーにリクエストを出す。リクエストが承認されれば、予約が確定するという仕組み。

貸出料金は車種によって異なるが、「個人間の共同使用契約」に基づいてのシェアリングで営利目的のものではない(※1)。レンタカーに比べて、低価格で個性的なクルマが借りられるのが魅力だ。また支払いの際、利用者とオーナーが直接金銭を授受することはない。利用者はクレジットカード決済でDeNAに利用料金を支払い、同社はその利用料金の10%をプラットフォーム手数料として差し引いてから、翌月末にまとめて、オーナーの銀行口座に振り込む。なおプラットフォーム手数料は、シェアが成立しない限り、発生しない。

DeNAによれば、2016年4月時点で、国内外の乗用車をはじめスポーツカーの他、“痛車”と呼ばれる個性的なクルマまで、都内を中心に1500台以上が登録されているという。また現在のところ、事故などを含め大きなトラブルもほぼない。

個人間カーシェア「Anyca」はうまくいっている? – 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/050900265/?rt=nocnt

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク